スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺処 みどり亭

Category : 中華 |

記事にしようと思ってわりと何度も食べに行ってるお店なのですがなかなか機会に恵まれず(サボってた)今回が初アップです。

苫小牧東部から札幌に向かう途中にあるお店です。
もともと園芸店でその中の一角に数年前オープンしました。
市内在住で車持ってる方なら行ったことなくても「ああ、あれね」と思い出していただけるのでは。

園芸店らしくウッディとかいう内装の店内。
ラジオではなくCDがかかってるパターンが多いです。矢沢とか。

ここはラーメンの他にあんかけ焼きそばが人気のようです。
以前も書きましたがあんかけ焼きそばって一応苫小牧名物的な扱いをされているんですよね。

私的にはカレーラーメンほどB級ではなく、ちょっと上のB.5級くらいの位置づけです。ちょっといいことあった時には食べてもいい的な。

IMG_1367.jpg


というわけであんかけ焼きそば780円。
以前「おの寺亭」の820円は高い高い騒いでおいて今回の780円にはそれほど違和感を感じないのは私が以前にも増して適当になったせいでしょう。

ちょっと麺をほぐして一口
「あっつ!」

何のひねりもない一口目ですがやっぱりあんかけは熱い。
好奇心で適温の風呂に片栗粉入れたらありえない程熱くて入れなかったという雑誌の投稿を昔読んだのを思い出しました。
とろみというのは付着して残るから効果が持続するんでしょうかね、ってこれ小貫修三の記事でも似たような書きましたね。

味付けそのものは甘さとしょっぱさがいい塩梅で調味されてて、それは特徴の無さにも繋がってるとも言えますが、やはり個性の強い味であんかけを作ると先述の理由でクドい、飽きるなどのマイナス面があるのでしょう。
それほど考えなくてもポンと思いつく味噌あんかけとか辛いあんかけとかがあまり普及しないのもそのせいかと勝手に思ってます。

具材の中ではエビがプリプリですばらしい出来映えです。
おだって(←方言)「う〜ん、プリプリのエビがまさにシュリンプリ!」とか書いても翌日恥ずかしくならないくらいここのは美味しいです。

麺の焼き加減が結構な焼き具合でこれはすごく好きですね。はじっこカリッと香ばしく、中はふんわり的な。

この麺に乗せていいのはやはりあんかけかと。スープだと台無しですし、固形物だとハード過ぎでしょう。

終盤は酢をかけてさっぱりと締めるのが私の好みです。

やっぱり美味しい。ラーメンとは違う食べたあとの満足感があんかけ焼きそばにはあります。
それは個性とか奥深さとかではなく、あんかけ焼きそばという食品の安心感を無事に満たしてくれたからなのではないかと。
私正直あんまりぶっ飛んだあんかけ焼きそばとか食べたくないのです。

どこで食べてもそんなに変わらない。だけどここでしか食べられない。

そんな微妙な物言いをしてみたくなるほど私にとってお気に入りのお店なのです。

マルエス食堂

Category : ラーメン |

最近非常に疲れてまして、更新がおろそかなのもそのせいです。

疲れると札幌まで飲みに行く逃避習性が私には備わっているのです。

もともと札幌在住だったので休みの前日は札幌で呑むのが自分にとっての発散法でして。
それほどお店の選択肢が無い苫小牧中心部で呑んでタクシーに2500円とか使うのが勿体なくもあるし、飲み仲間も居ない、そして(元)職場の人間にバッタリ合ってテンションダウンとか考えるとやっぱ札幌なんですよね。
けっこうディープに呑んだ札幌の朝(昼)はこちらが食べたくなりました。

先日メジャーデビューが決まった札幌のバンド「爆弾ジョニー」のポスターが貼られています。この辺に住んでるんでしょうかね?

こんなコンディションだとマンスリーの「あさりラーメン」がより染みるのでしょうが今回はこちら。

IMG_1353.jpg

写真は清湯塩ラーメン600円。
キレイな盛りつけですね。白い器にスープが映えます。

スープをずずっと一口「染みるぅ」

鶏主体でちょっと甘みとショウガが効いてて塩分は控えめ。
すいすい飲めてこれは良いです。もうなんか身体が欲しがる感じ。

麺はわりと白っぽく、中細の縮れ麺。
西山製麺とのことですが、いかにも西山的な匂いや主張はほとんど無く、これもすいすい行けます。

こんもりと盛られたネギも辛みをは弱く、麺と絡まると楽しい食感になります。

いかにも「研ぎすまされた」とか「渾身の」とかいう形容で表現されそうな一杯ですが、値段や接客も含めたお店の雰囲気がそういう言葉をやんわり取り消させる感じがあります。いいそよういうの、って。

でもやっぱいろいろ凄そうなラーメンですよね。カフェとかで普段何気に流れてるボサノバとかが高度な技術の元に成り立っているように。

仕事や学校帰り「はあ〜ラーメン食って帰りて〜」ってとき近所にここがあればどれだけ幸せかと。
知らずのうちにみんな高度な幸せを手に入れてるのでしょう。

味萬

Category : ラーメン |

私前々回の記事でいつものようにえらそうにジャガイモとか色々書いたんですけどすでに公式でまるっと表示されていました。
別に訂正する事も何もないのですが、私も記事書くならこういうの先に目を通しておけって話ですよね。知らずに書いて恥ずかしい限りです。


さて

個人的に「行きたい時には開いてなくて、開いてる時には行くのを忘れる店」ですねこちら。

同じエリアをぐるぐる回って信号無視を取り締まってるパトカーを尻目にお店に向かいます。

昼時とあって店内は常連客で賑わってます。
お金だけ渡して出前を頼んで出て行く人や、メニューに無い品を頼む人など、愛され方が実に多種多様です。
わりと雑多の印象の店内ですが、奥の住宅スペースに目をやるとエデン的な優雅さに溢れていて「ああ、ここからあのマダムが登場するのね」とか納得してたら全身黒のお召し物で本当に奥から出てきました。
「降臨」という言葉がよく似合いますね。


IMG_1295.jpg

写真は醤油ラーメン650円。

スープをずずっと一口「しょっぱうめー」

尖りのある醤油味です。油と塩分でもんにゃり食わせるタイプではなく、かといって淡麗とかキリッとしてるかというとそうでもない「うおっ醤油!」って感じです。
昆布のようなダシが効いてるんですけど、醤油のエッジと相性が良いです。
港の労働者には染みる味付けでしょうね。これはいい。

中細でストレート気味の麺は前回とかなり違う印象です。
廃業した「若森」からの変更だとは思いますがこれは個人的には嬉しい変更です。

苫小牧(札幌)の主流から外れた、けっこう荒削りだけど非常に好みなラーメン。
営業時間の都合でたまにしか行けない所がまた期待を膨らませるのでしょうか。

数年に1枚しかアルバムをリリースしないバンドの新譜をプレイーヤーに入れて「やっぱこいつらはこれだよなあ」と頬を緩ませる時と同じ悦びをこちらは与えてくれるのです。

すぷ

Category : ラーメン |

発寒にあるお店です。
苫民の私からすると札幌でもっとも遠いエリアでして、交通量も多く、ここまで来たらgopのアナグラでカレー食いたいとか普通に思ってしまうためなかなか行けずじまいでした。

日曜の昼時に伺いましたが出口から出来上がった様子のご年配の方々が数名。
ああ、隣がカラオケ喫茶なんですね。〆のラーメンのお味はいかがでしたか?

煮干しの匂いが充満する店内。
自転車やレゲエミュージックなどから店主のライフスタイルを想像します。
厨房が高い位置にある作りで調理の工程を見ながら待てます。
一人で切り盛りしてるせいか、手が回りきらない様子も垣間見えます。
壁に目をやると手書きの限定メニューが色々あります。静岡出身なんですね。

昔静岡在住の友人に連れてってもらった店はなんだったけー?
かなりの行列に並んだ記憶と他に「リンガーハット」に連れていかれたのはよく憶えてます。


ろくもんしお

写真は醤油ラーメン700円。
1年程前に鶏白湯煮干しラーメンにレシピ変更して営業してるとのこと。

スープをずずっと一口「まよーんとしてる」

見た目より軽めの動物系ダシとちょっと強めの煮干しが効いてます。煮干しベースに鶏が乗ってるような感じ。
札幌市内の某人気店と構造は近いけど出し方はかなり独自です。
「タレで食わせる」的な事が書いてあった(ような気がする)醤油ダレもそれほどきつくなく、なんか自分がタレを認識できていないのかな?と不安になります。

表面の油ですが果実油というものらしく、検索したらアロマオイルのような物ばかり出てきたのですが、私は普通にニンニク効いてるなーとか思いながら食べてました。
どういう意図で使われてるかちょっとわかんないですね。女性客を意識して美容効果とか?

麺は断面が四角いストレート中細麺で、何となく「魚介系にはストレート麺」みたいな定番感で無難に合っているような気がします。

静岡と札幌の合作的なコンセプトがPRされていましたが、各パーツは一見ツギハギながらも不思議と上手に綱渡り出来ているというか、違和感の無さに違和感をおぼえたりするくらいにまとまってるので、事前説明のようにあれこれ但し書きに手の内を見せるのは逆効果な気もします。

鶏白湯煮干しというジャンルもこの先どれだけ伸びて行くかわからないジャンルですが、もしブームが過ぎ去ったとしてもこちらならまた新たな路線で綱渡りしていけるのではないかという、ちょっと不謹慎な期待を持ってしまったりもする不思議なお店です。

らーめん 小貫修三

Category : ラーメン |

週末の夕方は売り切れも多く、私にとってなかなかハードルの高い営業時間のこちら。
平日の昼もそこそこの客入りです。

相変わらずきれいな店内。女性スタッフが増えてこちらもまた素敵な方です。いいなあ。

メニューが以前と若干変更されているようです。
ちょっと気になった新メニューがあったのでこちらを。

IMG_1289.jpg

写真は濃いめの鶏白湯塩。数量限定の780円。

スープをずずっと一口「あ、じゃがいも」

鶏恵で感じたとろみとざらつきがこちらでも感じられます。とろみって舌に残る時間が長いから旨く感じやすいらしいですね。
基本の鶏白湯スープにジャガイモと魚介を足したような味わいです。

私的には「濃いめ」という言葉から連想される味わいとはちょっと違うような気がします。
でもこちらには「濃厚」というメニューもあるのでそちらとの中間的な意味だとしたら正しいかも。

麺も通常の塩と同じと思われる白く細めのストレート麺。
旭川系のような芯を噛むと弾けるタイプではなく、くんにゃりした食感です。
濃すぎるスープだと麺が負けてしまうかもしれないですね。

油や塩分を増やす事無く濃さを作り出すという視点はやはり女性客をターゲットにしてるように感じられます。
でも男女問わずラーメンに求めてるものってヘルシーさやオシャレ感よりもっと粗野で自己解放な部分であったりする気がします。

そういう意味ではちょっと物足りない、優しくていい人なんだけど一緒にいてもあまり面白くない人的な。
この辺のギャップを巧みに操って遊び心やワイルドさを忍ばせて時に垣間見せるほうが面白いというか、モテるお店になると思うんですけどね。

まあモテない私が言うのも何ですがって話なんですけどね。
今でも十分美味しいし、それを実現可能にできるお店だけに。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。