スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2011

Category : 音楽 |

行ってきました。
もう1週間経つのですね。

日々のR.S.R.が送る1年に一度のRSRです!

いつもと違うレポ形式で書きます。まあ自分自身の備忘録ですわ。


8/12
職安の認定を朝一で済ませ石狩まで車を走らせました。天気は快晴。
キャンプ仲間と駐車場で合流して入場。なんか例年より人が少ない気がします。

メインステージの音が十分に聞こえる場所にテントを設営出来たのでオープニングアクトの「髭」を聴きながらテントでのんびり過ごしました(おいおい)
外さない選曲と演奏でした。「ロックンロールと5人の囚人」を6人で演奏してました。見ればよかった。

「SPECIAL OTHERS」
昼前に到着して初めて見たアクトです。ちなみに17:30でした。
最近ドラムを嗜んでいるのでドラマーの後姿が見える位置にスタンバイして堪能しました。
名曲「AIMS」も演ってくれて満足です。

「くるり」
ドラムの森くんが復帰しました。あ、ギターの方もそうでしたっけ。
「ワンダーフォーゲル」と「ロックンロール」が聴けて満足。
気がつけばRSRでは毎回観てます。そういう大きさを持ち合わせたバンドだと思います。

戻ってテントで焼肉しながら「pillows」を聴きます。

「布袋寅泰」
「KILL BILL」のオープニングが流れてステージに直行しました。
すかさず「BAD FEELING」のギターカッティグで会場大盛り上がり。
その後も畳み掛けるように代表曲の連発。
一般的にフェスの客はおおらかなイメージがあると思いますが、実は意外にシビアで気に入らないとすぐにステージを離れてしまいます。
つまらなかったら他のステージに移動してしまうのです。
ここではファンのみが集まるワンマンの時のような甘えは許されないのです。

彼がそれを解ってると分かってとても安心しました。目の前を無視して前に進む事なんて出来ないのです。

「斉藤和義」
震災以降、何かと話題の彼。
代表曲連発の後に「ずっとウソだった」
一向に収束しない事態への苛立ちをぶつけた「ずっと好きだった」の替え歌です。
「ずっと好きだった」の後に流れるように「この国を歩けば原発が54基」と歌いだしました。

震災以降多くのミュージシャンは「被災者を元気付ける」という名目で音楽活動や援助活動を行っています。
それはそれで大切だし、素晴らしいのですが、そんな中彼はただ一人「怒り」を音楽に乗せて世の中に殴り込みをかけました。

多くの人が抱く怒りを「替え歌なんて安っぽい」「急にそんな事言い出して人気取りですか?」「あんたの歌うステージの電力も原発で賄われてるんですよ?」そんな汚名をかぶりながらも彼は歌いました。

歌った彼が世の中を変えるんじゃない。これを聴いた我々がどうするかです。

ロックは時代を変えたりしない。ただ聴いた人間一人の人生を変える事は大いにありうるのです。

そんな事を思いながら初日の夜は更けていきました。まあ猛烈に酔っ払っていましたが。
2日目に続きます。

先は長い 深い 言葉にならないくらい

Category : 音楽 |

動画が貼れると分かったので調子に乗ってもう一本書きます。

THA BLUE HERB
伝説と言って差し支えないフジロックの一場面。



[広告] VPS



テニスプレイヤーが出演する「ゲータレード」のCMでも彼らのラップがバックに流れています。

基本ロックが好きな私ですがブルーハーブは特別です。
ヤンキーの馴れ合いのような巷に溢れる歌謡ヒップホップとは段違いの熱量。しかしあくまでもクール。

輪になって踊らなくても音楽は人の心を打ち抜けるのです。
何度もこの動画を見て私は何度もそう思います。

ちなみにMCのBOSSは、平岸在住でラーメンもカレーもうるさいそうです。
「YELLOW」のカレーの辛さ(ヒマラヤ山脈の標高順)も彼の命名だそうです。

ここを通じて彼らのファンが一人でも増えたら私は嬉しいです。

THE BAWDIES

Category : 音楽 |

動画を載せるテスト的な日記なのですが、動画を張ったら重くて書いてる最中に何度も落ちてしまいます。
再度チャレンジ。

THE BAWDIESの新譜がリリースされますね。
若くてイケメンでベース弾きながら英語で歌えてその声は驚くほどソウルフルなROYを中心としたバンドです。
60年代の音楽をベースにしていますが、その佇まいは限りなく現代的です。
最近こういうやたらかっこいい若いバンドがバンバン出てきて何だかとても嬉しくなります。

札幌公演も間近です。
興味持った方は是非!


音楽のブログ「なぜか今日は」

Category : 音楽 |

開設以来ラーメンの記事のみでしたが、今回は音楽ネタです。
THE BIRTHDAYのシングル「なぜか今日は」

なぜか今日は

過去に「ザ ミッシェルガンエレファント」というバンドがおりまして、そのメンバー2名が中心となって結成したバンドです。
今作は初代ギタリストが脱退してフジイケンジという大塚愛やPUFFYのサポートでも知られる方が加入しての3曲入りシングルです。

ガッチガチのギターロック
過去のバースディとは明らかに違う、不穏さや、実験的要素を吹き飛ばす突風のようなギターサウンドに生まれ変わっています。
ミッシェルを思い出す人も多いはず。私もそうです。

かつてミッシェルガンエレファントはロックを演奏する事によってロックそのものを変えたバンドでした。
90年代初頭の日本の音楽シーンはロックのサウンドに限界を感じ、ハウスやヒップホップを取り入れることによって新しい可能性を模索している時代でした。
そんな中で限界知らずのロックをただただ鳴らし、シーンそのものを変えてしまいました。
今では当たり前のイスの無いアリーナ会場でのライブは彼らが初だと思います。
今彼らをフェイバリットに挙げる現役ミュージシャンは後を絶ちません。

今作を聴いて「過去を思い出させるなんてロックじゃない」という声もあると思います。
私もそう思っています。しかしミッシェルは過去のロックを鳴らして最新のロックであり続けたバンドです。
ヴォーカルのチバユウスケは3曲目の「爪痕」でこう歌います。

「忘れてしまおうと思ってたけど 爪痕消えなくて 消えなくて」

気付いたのなら今すぐ鳴らして欲しいのです。
このメンバーで最新のロックンロールを。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。