スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いこい食堂

Category : ラーメン |

こちら今月で1周年だそうです。
何となく始めてぼんやり続けてきたブログですのでこれからもマイペースで行こうかと。
そんな感じですが皆さんよろしくお願いします。

そういうわけでちょっと思い出深い店を紹介したりしようかと思ったのですが、そういうのがいまいち苦手なのでいつも通り行こうと思います。

千歳の市役所近くにあるお店です。
「昔ながら」という言葉で片付いてしまいそうなくらい絵に描いたような面持ちの店舗です。
店内はどこか可愛らしいおばあさんと息子さんと思われる男性の2人で切り盛りされてます。

昼前に入店して数分後には満席近く埋まってしまいました。ほとんどが常連客と思われる年配の方々です。

いこい食堂

写真は醤油ラーメン。
ナルトなんか乗ってていかにも、という見た目ですが玉子が半熟気味だったりしてわりと好感触です。

スープを一口「未体験の昔風」

現代の「昔風」と言われる味は「実際には当時存在しなかった味だけどあの当時の自分自身の食べた味の記憶を再現しながらも現代に通用するように仕上げた味」でという意味合いで使われる事が多いのですが、それに近い意味合いでの昔風です。

未体験というのは単にこういうの食べた事が無いからで。

醤油のコクとザラメの甘さが効いた味付け、そこに煮干しのダシが常識的な割合で効いてます。
苫小牧なら「みどり亭」に近い感じです。そこに魚介を足したような。
過剰さも無ければ物足りなさも感じない上手なバランスです。

麺はちょっと白っぽい縮れ麺。たしか苫小牧の製麺会社だった気がしたんですが忘れてしまいました。

千歳は札幌の近郊でありながら、自衛隊や空港など本州からの窓口もあり、食べられるラーメンも多種多様でなかなか魅力的な町です。

そんな町で「一平」以外の昔風ラーメン。
私的にはどちらかというと一平の方が昔子供の頃に食べたラーメンに近いです。

だから本当の昔風とは言えない立場なのです。でも言いたい。

私が幼少の頃はラーメンといえば味噌でした。
子供の頃は味が濃いのが苦手でラーメンは嫌いな食べ物でした。

醤油を頼んでもラードとモヤシが乗ったニンニクの効いた真っ黒いスープに黄色い麺。
私はテレビドラマやアニメの屋台ですすってるような「中華そば」という食べ物が食べたかったのです。

だからノスタルジーではなく、かといって新鮮でもなく、幼少からの想いがようやく具現化したという感じです。

子供の頃こういうラーメン食べてたら今と違う人生歩んでたかもなあ。

そんな事を思い起こさせるこちらは食べた事がなくても十分に「昔風」なのです。
スポンサーサイト

コメント一覧

#49
はじめまして
昔風、僕も以前から不思議に思ってたんですが、昔風があるなら今風がなんでないのか。
昔風って あくまでも昔風であって 昔の味じゃない。昔風として出している そのラーメンは まさに今現在のラーメンですよね。昔風と今の違いって何なのか?
創業50年の老舗ラーメン屋は昔からの味を守っているが決して昔風とは言わないし、それこそ最近始めた店が昔風を出す。
まあ昔からやってないから昔風なんだろうけど わざわざ昔風と名付けるのは 客受けが良いからなのでしょうか?
昔風ってなんかラーメンを舐めてるwようなネーミングに感じて仕方ない。
昔ながら ならまだわかるけど、昔風って作る人の さじ加減一つ。
#50 Re: タイトルなし
和さん はじめまして。

昔風ってたしかに最近始めたラーメン屋が使ってる言葉ですね。
音楽でも「60年代風のサウンド」とか書かれてたらパッと浮かんでる音があったりするのでわりと便利な言葉だと思います。

私も本当に昔の味が食べたい時に昔風というメニューを食べる事はほとんど無いです。
単純に軽めのダシとシンプルな味のラーメンを食べたい時ですね。
30代後半の私は言葉から受ける印象と実際出てくるものにそれほどギャップは無いので平気ですがもっと下の世代だとイメージはどんどんずれていくでしょうね。

作る側としては新人アーティストが古典の名曲をカバーして敬意を表したり、幅広い層にアピールしたりするのに近いのではないかと思っています。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。