スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャカリキ

Category : ラーメン |

いつも行きたいお店なんですが、この系統でスムーズに食事を終えるためにはいくつかの個人的条件がありまして

空腹である
空腹だけど並べる余力がある
空腹で並ぶ余力もあるけど夕方に夕食が食べられるくらいの時間的余裕もある
空腹で並ぶ余力もあって夕食まで十分時間も空けられてその間ニンニク臭させてても問題ないくらい誰とも会わない

若干酒が残った悪条件でしたが行ってきました。これを食べに。
開店直後に行きましたがカウンターのみの店内にはすでに・・・おっと。

しゃかりきぎょかい

写真はシャカ豚 魚編 750円。限定メニューです。
ニンニク抜きがおすすめらしいので抜きました。
通常のスープに魚介を加えたそうです。もやしの上の削り節が追い鰹になるのでしょう。

果たしてどんなものかとスープを一口「どちらもガッツリ」

シンプル、という言葉を使うのは気が引けますが、動物と魚介の2枚看板がどちらも譲る事無くドカンとやってきます。
あのスープにはニンニクが合うし、無いと物足りなくなると思い込んでましたが、これは別物に近い味わい。

通常スープ+ニンニクが一点突破型ならこちらは拡散型とでも言いましょうか。
グラディウスのレーザーとリップルレーザーの違いみたいな感じです。どうでもいいですね。

構造でいえば先日記事にした「にぼとん」とだいたい同じですが(怒られますね)味付けがまるで違うのでまるで別物です。豚骨魚介にありがちな余計な甘さがなくキリリとしたしょっぱさで飽きる事もありません。


麺は太縮れ麺。前回と同じだと思うのですがはっきりおぼえてません。山岡家くらいの太さです。
結構な量を食べる事になるんですが、意外と皆さん平らげてますよね。噛む回数が少ないと満腹になりづらいそうですね。

具材も丁寧な調理で見た目よりもジャンク度は低いです。モヤシは無い方が素直に楽しめるかな、とも思います。
全体的に見た目よりも腹に収まりやすいように作られていますね。もちろん満腹ですが。


今回は限定メニューということでしたが、レギュラーでやってもいいんじゃないかと思えるくらいハマった味でした。これが何かに変貌して行く予感がするのです。

1970年代後半のロックシーンに「ポリス」というバンドが登場します。

ジャズやプログレのキャリアを持つ凄腕ミュージシャンが髪を立て、ぼろぼろの衣装を着てパンクロックブームまっただ中のシーンで威勢の良いパンクロックを演奏しデビューしました。

人気を博したその直後彼らは従来のパンクサウンドにもともと各メンバーが持っていた音楽性をガンガン取り込み革新的なサウンドを作り出し人気を不動の物にしていったのです。

こちらのお店はこれに近い物を感じます。もちろん個人的にですが。
今後のメニューも自らが持つバックボーンを反映させて新しい驚きを提供してくれそうですし、これを食べたら誰もがそんな期待をするのではないのでしょうか。

シーンの中から新たなシーンを産むお店になるのではないかと。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。