スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺処 蓮海 真栄本店

Category : ラーメン |

羊ヶ丘通りを札幌ドーム方面に進むとあるお店です。

元々食べ放題の寿司屋があった所かと。
平岸のお店も夜は寿司屋。何か関係があるのでしょうかね。

元の店舗を連想させるカウンター中心の広い店内。スティービー・ワンダーが流れてます。

食券を買いカウンターに座ると厨房の方がお冷やを持ってきてくれました。どうやらネギを切っていたらしく、コップにネギが張り付いてました。
まあラーメン屋ですから。寿司屋なら話は別ですけどね。

はすみまぐろとんこつ

写真は鮪豚骨麺 醤油750円
高く盛りつけた具材が見栄えしますね。
正直言うとつけ麺と間違えて注文してしまいました。ちょっと気落ちスタートです。

スープをずずっと一口「これがマグロなんだあ」
マグロの出汁と聞いてツナ缶の汁くらいしか思い出せない貧乏人の私にちゃんと教育させる事ができるくらいの出汁が出てます。
生魚を茹でてるんでしょうかね。三平汁とかそういう系統の出汁に近いです。

豚骨はそれほど乳化もしておらず、ラーメンらしさを出すためのバックアップといった印象です。
まあ高級食材で出汁取ってるんだからそちらを全面に出すのが普通でしょうね。

ちょっと甘みがある味付けは控えめな印象です。上品というか、ギリギリを狙ってる感じがして好きです。

麺はポソリとした食感が残る白い緩めの中太です。
主張の強い札幌麺とは違い全体に調和してます。最近はスープに合う麺をちゃんと選んで出す店が多いですね。

結構な量の脂と白い背脂のような物もスープに浮いています。麺に絡むとちょっと脂っぽいかなと感じますがこれが無いと味気ないのかもしれません。

具材は・・・どうだったっけ?
あまり印象には残ってないです。タマネギやキャベツといった結構強めの味がする物が入ってましたが全体にうまく調和してるというか、そういう風に作ってるんだろうな、という意図を感じます。


奇抜な物を使ってるけどそこに頼らず奇抜に感じさせない。しかも美味しくたべさせる調理と構成は見事だと思います。
安易な歩み寄りもせず、自分たちの出来る技術で結果を出してる好例だと思います。
マイルスデイヴィスのロック期みたいな。

でも私のような人間にはどうしても遠く感じる味というか、たまに食べる程度で十分というか、心をつかんで離さないような強い部分が欲しいなと感じてしまいます。

壁を取り壊してほしいというか、そもそも壁なんてはじめから存在しないのです。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。