スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺や 亀陣

Category : ラーメン |

札幌東区、北光線の店です。
この辺地味に激戦区でして、向かいに「さわや」、陸橋を渡れば「けせらせら」「FUJI屋」などの有名店が軒を連ねます。

暖簾には「すべての出会いに感謝を」
こういうのちょっと苦手です。いきなり感謝されたらされる方もちょっと困りますよね。
まあいちいち気にする方が変なんでしょうけどね。

キレイな店内です。厨房器具もキラリと光って並べられています。
BGMはビートルズを中心に、というか2回に1回はビートルズが流れています。
店主の趣味でしょうか。まあ気にするほどの事でもないですね。

かめじんぱいたん

写真は鶏白湯醤油700円
メニュー裏の説明書には「インパクト控えめ」「ジャンクに馴れた現代人には物足りない」などと書かれています。感謝しておきながら客を選ぶなんてこれはハードルが高そうですね。
こんなブログ書いてる私なんてジャンクの申し子みたいなもんですから。

厨房はかなり余裕が無い様子。独学で開業されたのでしょうか。
本棚のラーメン本を読みながら到着を待ちます。

スープをずずっと一口「うまいじゃん」
お吸い物みたいなブツが出てくるであろうという事前の身構えがあったせいか、実に重厚な味わいです。
先の但し書きはこういう効果を狙ってたのでしょうか?そんなわけ無いですね。

確かに尖りが無いというか、一歩引いた味付けですが、鶏白湯はこういう味付けが合う気がします。
十分にちゃんと美味しいスープ。

麺は自家製のストレート細麺。
ぽっつり弾ける食感といい、スープの絡みといい、一歩引いた味付けに対応できた麺です。
「よしず」よりは太かった気がします。
札幌でこの麺を出して受け入れられているのが個人的には嬉しいです。

チャーシューはこんがり炙られていて、全体に香ばしさが行き渡ります。

これは美味しい。
「ビシッ!」と一本線でまとまっているわけでは無いですが、麺、スープ、具材を含め、多少いびつながらも、球体のようなまとまりを目指している印象です。

値段以上のお得感はあります。

それにしてももうちょっと話題になってもいいお店ではないかと思いますけどね。

あれこれ書かれた但し書きの印象を飛び越える美味しさがここにはあると個人的には思います。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。