スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラーメンのブログ「空」

Category : ラーメン |

千歳のお店です。
最近千歳は面白いラーメンを出す店が増えてます。
空港や自衛隊があるせいか、千歳は札幌や苫小牧より本州の影響を強く受けてるのかもしれないですね。

空

写真は塩ラーメン680円。
テーブル奥にスパイスを溶かしたオイルなどがあります。オーソドックスなラーメンとはちょっと違うものを目指している感じですね。

こちらのスープは「鳥白湯」だそうです。
最近あちこちでこの鳥白湯スープ見かけますね。鳥ガラを豚骨スープのように強火で白く濁るまで煮込むと出来上がるそうです。
豚骨よりクセがなく、口当たりが軽いのも人気の理由でしょうか。

こちらのスープも濃厚感の無い、すいすい飲める感じで、逆に麺にはあまり絡まない印象です。
トッピングされてるカイワレや岩海苔をスープに混ぜて食べると味の変化があって良い感じです。
個人的にはトッピングじゃなくて別皿で出してくれたら嬉しいかもしれないです。そういう楽しみ方ができるスープだと思います。

麺は小林製麺の中太ちぢれ麺。食べ慣れてるせいか無難においしいです。
存在感が薄いのがプラスになってるかマイナスなのかは分からないのですが、この普通の麺が客足の良さに繋がってるのかも。麺の好みって地域でかなりバラバラですからね。

ドンブリ奥にべろんと盛りつけられた大判チャーシューは箸ではまともに掴めない柔らかさです。
そのためボロボロに崩れてしまい、ちょっと残念な気持ちになります。倍の厚さで大きさ半分のほうが食べ応えあって良いかも。チャーシューはガブリと食べたいのです。

食べ進んでいくと卓上に置かれているスパイス入りのオイルが気になりだし、少し投入してみます。
オリーブオイルが脂の少ない鳥ベースのスープと良く合います。
ラーメンっぽさは薄れていきますね。その辺の意図はかなり感じます。

まだまだアイデアがとっちらかった印象が強いですが、色々な実験要素が洗練されていけばもっと美味しいラーメンになる可能性を持ってるお店だと思います。
スポンサーサイト

コメント一覧

#5
店主の技術や知識が“センス”という名の高すぎる壁の前に頓挫している印象でしょうか。
#6 Re: タイトルなし
セピアブルーさん
そうですね。そういうものが特に高く要求されるジャンルに挑戦しているだけに。
こういう店が「うまけりゃいい」で終わられるとちょっと残念なので、期待をこめて書きました。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。