スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

gopのアナグラ

Category : カレー |

札幌西区山の手のカレー店です。
店主は「スリランカ狂我国」「きたぐに家」で腕を振るってた方です。
ちなみにブルースギタリストでもあります。

カレー屋さんも非常に音楽好きが多いですね。
現役で音楽やってらっしゃる方も大勢います。
スパイスってそういう何かが発動する食物なんですかね。

オシャレというか、土着的というか、友人の部屋的な店内。本と楽器と壁の落書きが妙に落ち着きます。

ごっぷ

写真はチキンしめじ辛さ50番900円にトッピング原始肉170円。
辛さは50番まで無料です。低めにオーダーして物足りない方は追加もできます。
辛さが増せば旨味も増すように出来てるのがここの面白いところ。
是非とも辛さの上限を楽しんで頂きたいです。

食べた瞬間に感じるのは「スパイスの合奏」
鶏と野菜と具材のしめじのスープがスパイスで3D映画ばりに立体的に感じられます。
あらかじめ仕込まれた旨味の重層感ではなく、スパイスで旨味を引き出して美味しく感じる、というカレーの存在意義をキリキリに突き詰めてる味です。

巧妙に調合されたスパイスって脳が変になりますよね。汗鼻水が大量に分泌されたり、変な気持ちよさに包まれたり。

ライスは柔らかめに炊かれています。私はこれがとても好みです。
「カレーのご飯は固め」という固定概念を吹き飛ばしてくれます。

原始肉はまた無駄に手間のかかった一品です。金を稼ぐっていうのはこんなに大変なのかっていう。

何にせよここは激しく好みの分かれるお店です。

店主は非常にフレンドリーな方ですが、出されるカレーはJ(K)-POPみたいな売り込み感や迎合感ゼロです。
それでもここの味にヤラれて足を運ぶ人が私の思ったより沢山います。

あくまで私の主観ですが、ここの味が好きという方は私も含めちょっとアレな方が多い気がします。
閉鎖的というわけでなく、美味しい物にやたら興味がある人が多いようです。

数年前のスープカレー全盛の時代から今は限りなく店舗も淘汰されて新規も非常に少なくなり、「ご当地グルメ」の看板も危うい時代になってきました。

おそらくまともにやれば儲かる商売ではないのでしょう。

レトルトや支店を出して商業的に大成するのも成功のひとつですが、店主自ら「俺が毎日食べたいカレー」を毎日作ってお客が来るというのは何より勝る成功なのではないかと思います。

そんな事が出来てしまうお店がが少しうらやましいのです。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。