スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百の花

Category : ラーメン |

苫小牧の国道沿いにあるお店です。
何でも恵庭から移転してきたそうで。

開店前に某銀行へのレセプションを行うという「何か」を持ち合わせたお店です。

ぱいたん

豊富なメニューに軽く迷いながらも今日はこれを選択。
写真は鶏白湯塩680円。
「地鶏の水炊きのスープ」とか書かれていた気がします。福岡の水炊きの事でしょうか。
苫小牧ではお目にかかれない鶏白湯を出してくるあたり挑戦的な姿勢を感じさせます。

具が結構豪華です。チャーシューの代わりに蒸し鶏が乗ってたりします。
ヘルシーさを強調してるんですね。女性客が喜ぶのかもしれません。

スープをずずっと一口「おお!こうち!」
口当たりが丸く、のど越しがさらりとした恵庭の「こうち」を思い出させるスープです。
いやほんとに似てます。同じ恵庭だから?気のせいですね。

塩分控えめでパンチはありませんがそれはこちらの思惑の内でしょう。

細めの加水率低めの麺も相性が良いように思えます。
他の味でこの麺だったら微妙かもしれないですけどね。

これは完成度高いと思います。この町で、しかもパチンコ屋の隣という立地で受けるかどうかは全くわかりませんが。

こちらのお店、スープだけでも3種類、もしくはそれ以上の物をレギュラーで用意し、さらに限定でメガ盛り系、魚介系まで提供してます。
さまざまな客層を想定してメニューを構成してるのでしょうけど、悪く言えば見境が無いと言えるし、散漫な印象です。
流行や地方の情報を入手できる手段がありながらこちらの道を選ぶというのは何か勝算があってのことなのでしょう。

ただし現代のラーメン屋の在り方としては非常に参考になる見本だと思います。

この町で、この布陣で、こちらの店が勝鬨を上げる様を見てみたいと言う気持ちが心のどこかにあります。

そういう勝算を練り上げてこの町に移転してきたと信じたいのです。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。