スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2011 後編

Category : 音楽 |

ようやく後編です。

会場外の銭湯でリフレッシュし、再度会場へ車を走らせます。
渋滞も無く、会場近くの駐車場に入れたせいか、前日にも増して入場者の少なさを実感します。
来年の開催大丈夫なんでしょうかね?ちょっと不安。

「気志團」

テントでビール飲みながら音だけ聴いてました。
演奏は微妙でしたがなかなか盛り上がっていたようです。
それでも「ONE NIGHT CARNIVAL」のイントロはちゃんと弾けた方が良いと思います。

「KIMONOS」

向井秀徳とLEO今井から成るユニット。ドラムも加わって3人でのステージです。
ZAZEN BOYSのような実験的な要素は少なく、LEOの声を生かした歌モノが印象的でした。

「THE BIRTHDAY」

個人的ヘッドライナーです。
先日観た「JOIN ALIVE」のステージはリラックス(ていうか酔っ払っていた。たぶん)しながらもバンドの地力を感じさせるものでした。
この日のステージは最高の緊張感、攻撃的な演奏、それを受け止め楽しむ観客が一体となった素晴らしいものでした。

何かを求めて一時どこか遠くに行ってしまったチバは帰ってきたんだな、と。
欲しいものは目の前に転がっているし、それは一緒に転がらないと手に入れる事は出来ない。そしてそれを維持するためには転がり続けないといけないのです。

大きな何かが始まる予感がしたステージでした。

「サカナクション」

間違いなく今回のヘッドライナーでしょう。
ライブは初めて観ました。
札幌出身、デビュー後数年で一躍日本を代表するバンドに成長しました。
レーザーが飛び交うエレクトロな演出で大いに盛り上がりました。

しかしあまり売れそうな音楽じゃないと思うんですけどね。
「アルクアラウンド」とかめちゃ暗い歌詞ですし、「バッハの旋律を夜に聴いたせいです」もポップスの定義から大きく外れた構成な気がします。

TVで大量に流される歌謡曲や、情報操作にも近い広告の塊のような音楽に触れなくても好きな音楽を自由に選び、聴くことの出来る現代に起こった音楽の新しい在り方を作り出したバンドでしょう。

「LITTLE CREATURES」

最近は個人の活動の方が目立つ彼ら。
イカ天以来のファンで、3人揃った姿を見るのは生まれて初めてです。
この日は全員白の衣装で白い楽器を手に演奏。なんというか、シャレにならないシャレをかましてくるというか。
いつだって時代のちょっと斜め上あたりを何事も無かったかのように飛んでいく彼らでした。

「モーモールルギャバン」

最近話題のトリオバンド。
パンツ一丁のドラムヴォーカル、ハレンチ感満載の歌詞、それらを下品に感じさせない高度な楽曲。
でもやっぱりアレなステージパフォーマンス。

ドラムヴォーカルのゲイリー(日本人)は左手に黒いグローブのような物を着けて入場、もちろんパンツ一丁。
曲間のMCはドラムセットによじ登ってから行います。もう無駄としか言いようがないサービスを毎回律儀に行います。
何曲目かのMCでゲイリー足を滑らせてドラムセットから大転落してました。
黒いグローブのようなものが剥がれて白い包帯が出て来ました。なんと数日前に自転車でコケて骨折したそうです。
そんな手でドラムを叩くという執念、彼の中にある音楽とはもう肉体的な苦痛程度では揺るがないものなのでしょう。

ちなみに数日後この日の転倒で彼は股間を強打してたらしく、患部に血が溜まり、入院してしまいました。
正直、死なない程度に命をかけて欲しいな、と思ってしまいました。お大事に。


「SCOOBIE DO」

夜も明けかけの時間帯、アーステントのトリを飾ります。
これまで何度もライブを観たバンドですが、この日は特別素晴らしかった。
「踊らせる」ためになら縦にも横にも揺れる緩急自在の演奏、コヤマシュウの煽りながらも強制しない、笑いを忘れないMCも冴え渡ってました。

ほぼ満員のアーステントでほぼ全員が各々の楽しみ方をしていました。本当に素晴らしい。

「憧れに手を振ろうぜ 2番目はもうやめだ」と言い放ったデビューから苦節約10年、途中から全てを自らで切り盛りしながらも本当に頼もしいバンドに成長しました。
タフな魂に宿るタフな音楽。彼らはそれを出し惜しみすることなく放出する事でより強固なものを手に入れてるのでしょう。


振り返ってみれば全体的に震災の影響、出演者、入場者の減少、それに伴う経費削減などが随所に見られましたが、開催中はほとんど気にならないというのが蝦夷マジックです。
マジックというか、楽しみに来てるのだからそんなものは基本的に関係ないのです。
そういう魅力に取り付かれた観客こそがこのフェスの主役なのです。

音楽は聴く人がいなければ始まらない、楽しむ人がいなければフェスは存在しないのです。
来年も行けたらいいなあ。
スポンサーサイト

コメント一覧

#37
なるほどー。

ライジングサンって、結構理屈と言うか哲学なんすね。

もっとこう…プロレス的と言うか(笑)、素直に単純に、楽しんだりハッピーになったり恋したりするもんなんだと思ってました(汗)
#38 Re: タイトルなし
まあそういう風に素直に楽しめない人がこういう事考えてるって事で

もちろん開催中はアホみたいに飲んで笑って楽しんでますよ。
私が文章にするとこんな感じになってしまいます。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。