スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誠二

Category : ラーメン |

札幌狸小路の結構ディープな横丁の一角にあるお店です。
「ムジカホールカフェ」のあるビルの横に「ラーメン」の幟が立ってます。
薄暗い横丁の入って右手にあるお店。なぜか「餃子の宝永」の看板のお店で食べる事が出来ます。
というか宝永のお店でこれが食べられると思ったほうが良いのでしょうか。

せいじ

写真は中華そば680円。細麺と中太麺が選べます。
他にもつけ麺や、居酒屋メニューもたくさんあります。この小さな店舗で一人でこれだけこなすとは・・・。

いいにおい。カツオでしょうかね。
スープをずずっと一口。少し甘みがあります。風味の軽い和風のダシの味がわかりやすく口に広がります。
甘さはもうちょい控えた方が好みですかね。でも十分きりりとしてます。札幌ではまずお目にかかれない味。

麺はストレート細麺。ちょっと麺が蕎麦っぽいというか、少し密度がある食感だとより好みでしょうか。

まあ私の好みばかり言ってもしょうがないんですが、もともとこういう作りのラーメンが食べたい人間なんでどうしてもあれこれ思いついてしまうんですね。

ラーメン=東京風
これは私が子供の頃から抱き続けてきた変わらないイメージで、アニメやドラマなどで夕暮れに屋台ですすられているシーンのラーメンがまさにそれなんですね。

憧れという先入観を対象に重ねてしまうせいか、あれこれ難癖つけてしまいがちですね。
まあ「結果的にはどうだったの?」と聞かれたら「美味しかった」と答えますけどね。

観光客があふれる狸小路ですが、実はけっこう個性的なお店が立ち並ぶ地元民に愛されてる商店街です。
ただの観光札幌ラーメンを出して生き残れるような甘いエリアではないのでしょう。

名物というバリューでは腹は満たされません。人は美味しいものを食べる事でしか美味しいと感じる事ができないのです。
だから札幌のど真ん中にこういうお店が必要なのです。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。