スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山嵐雷文

Category : ラーメン |

有名店「山嵐」の支店です。
狸小路1丁目と2丁目の間の通りをすすきの側に向かうとあるお店です。
こちら昼間から夜間は「山嵐黒虎」という屋号で営業されてます。

この時間帯は和風だしを売りにした味を出しているようです。

らいもん

あぶら中華そば750円。
玉子を乗せた月見もありました。
表面の白い物体は背脂でしょうか。

スープをずずっと一口「にがまろい」
煮干しの苦味とえぐみがガキンと効いてます。これは強烈。
そこに脂の甘みがこれまた強烈に効いてます。
普通の札幌ラーメンを食べるつもりで行ったらアウトでしょう。不意打ちすぎです。
食べた直後から「こういう味なんだ」という認識を脳内で教育されて「あ、おいしいかも」とようやく思えました。

細麺にも脂は容赦なく絡みついてきます。おいしさとしては確かにプラスなのでしょうけど、なんか要らない気もしてくるのは気のせいでしょうか。
あれこれ考えながら食べていましたが、これ蕎麦、うどんにおける天かすみたいな役割なんですかね。ちょっと強すぎる気がしないでもないですが。そう思うと何だか許せる気がしてきました。
山嵐にとって背脂は代名詞みたいなものですから、上手く取り入れたかったのでしょう。

本州の流行などを上手に取り入れ、独自のスタイルで展開していくこちら。
山嵐のブレイク以降札幌のラーメン屋は札幌ラーメンを意識しなくても市民性を獲得出来るようになった、と言えるくらいの功績を築いたと個人的には思っています。

でも個人的にこの脂はちょっとキツいので背脂抜きとか出来たらまた行くかもです。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。