スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まる八らーめん

Category : ラーメン |

欲望が渦巻く街、すすきののお店です。
すすきのって美味しいラーメン屋少ないです。
飲んだ〆でなだれ込む以外にわざわざ食べに足を向けるような所はほとんど無いかと。
凡庸さを保つのがこの周辺の店の役割なのかもしれません。

そんな中でわざわざ食べに行きたいと思わせるお店です。
まあ来店時は酔ってましたがその辺は御愛嬌。

まるはち

写真は醤油ラーメンハーフ(醤油750円でハーフは120円引き=630円)
ここのラーメン、カウンターにドンブリを置く際、手とドンブリの間に鍋つかみのような布を挟んで提供されます。それが無いと持っていられないくらい熱いドンブリに入って来ます。

スープをずずっと一口「香りが突き抜ける!」
カツオと揚げネギの香りがガツンと酔った脳に飛び込んできます。追いガツオでスープを仕上げてるそうです。
あまり味わった事の無いスープの味がします。オイスターソースが使われてるそうです。
酔った体なのに和風ダシも動物ダシもくっきり感じられます。スープの熱さも一役買ってるのでしょう。

渾然一体というより多重な構成のスープです。他のメニューではかなり調理工程を変えて特色を出しているようです。

具は角煮、味玉、白髪ネギ、左の緑の野菜なんだったっけな…うん、憶えてないっす。
あ、メンマと煮込んだ椎茸も沈んでます。
メンマや角煮は単品でも提供されてますので、「ラーメン屋で呑む」というちょっと大人な世界にも浸れます。

麺は小林製麺の中太縮れ麺。無難に合います。食べ慣れてるせいでしょうね。

こちらの店主、和食の職人だったそうで、調理をする様はなんとも絵になります。
麺上げの動作もキビキビしてて、接客も好印象。
「デミグらーめん」みたいな軽くぶっ飛んだメニューを開発する発想と技能もちょっと非凡ですね。
こちらのお店飲食店関係の知り合いにに妙に人気があります。何か通ずる所があるのかもしれませんね。

色々な要素を盛り込みながら、札幌ラーメンらしさを落とし所に持って来たすすきのならではの一杯です。
朝4時までの営業ですので、飲んだ〆に是非こちらで身体を温めてからのお帰りを。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。