スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虎鉄 苫小牧店

Category : ラーメン |

こうしてブログを始めて結構な数の店を食べ歩いているのですが、筆不精なせいかなかなか文章に出来る店は少ないものです。
ただ写真を載せるだけでもいいのですが、それだとやはり味気ないですし、やる意味がだんだん無くなっていくような気がするので従来通りぼちぼちやって行く所存であります。

今回は札幌で開業されて今年苫小牧に支店を出した「虎鉄」です。
「てつや」出身で、最初の店舗は「けせらせら」がある場所でした。

こてつ

写真はつけ麺 麺300グラム(800円)
200グラムだと750円なのでちょっと奮発して滅多にやらない大盛りをオーダーしてみました。
クーポンでチャーシューもトッピングしました。ちょっとやりすぎたかな、と軽く怖気づくボリュームです。

それほど濃厚そうでもないのでつけダレをずずっと一口「軽いけどちゃんとしてる」
結構な濃度のダシだと思うのですが、少しだけ引いた味付けがされてる印象です。
基本は甘いんだけど気にならない程度で気負わずに食べられるタレになってます。

魚介も裏手に回っている程度。
しかし魚粉を投下すると激変します。
好みの味に調整して余った魚粉はどうすればいいんでしょうね。捨てるのもアレなんで全投入しましたが。
どうせなら別容器に入れて出して欲しいですね。

あれこれ差し引いても普通に「おいしい」と誰でも言えるような味つけでしょう。

それにひきかえ麺は結構攻撃的で、極太でブリっとした縮れ麺です。
麺をすすり、噛み、飲み込むという楽しさを体感できる麺ですね。
つけダレとの絡みもそこそこで良い感じです。しかし300はちょっと多いですね。やりすぎました。

あと具材ですが、良い感じに統一感が出ています。
丁寧な調理がすばらしい。
口をリセットできるアクセントのようなものは無いですが、そういうのが必要ない程度の味つけなので、あまり不満に感じませんでした。

ただしスープ割りは物足りないですね。ただ薄くしただけにも思えて、残りのつけダレの量をちゃんと見て入れてるのかな?と疑問に思ってしまいます。
まあこの段階で味見は出来ないですから仕方ないのですが、そば湯のように各自で割って楽しめたらお店の株も上がると思うんですけどね。

しかし全体で見れば苫小牧で食べられるつけ麺としては1位か2位かってくらい上位です。
つけ麺を食べた事が無い人でも納得させることが出来る間口の広さがあります。
支店展開してる店にありがちな「裏ぶれ感」や「出来合い感」は無く、安心して食べて満足して帰れる店です。

値段は「頂」
ボリュームは「虎鉄」
つけ麺未体験の方、こちらで第一歩を踏み出してはいかがですか?
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。