スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蓮海

Category : ラーメン |

札幌のお店です。

私が愛してやまないリサイクルショップ「セカンドストリート」平岸店の向かいのちょっと入った所にあります。
中に入るとお店はまるっきり寿司屋。
夜になると寿司屋として営業されてるそうです。
そしてこちらは「あらとん」で修業された方は調理されてるそうです(ネット情報)
ということは魚屋との繋がりも深く、魚介を駆使したメニューが食べられるという期待が頭をよぎります。

はすみ

写真は醤油つけ麺700円
事前情報だと海苔系のトッピングがあったはずですが今回はありませんでした。
鮪と豚骨のスープだそうです。これはアツい。
鮪のスープなんて過去に小樽で出してたくらいしか記憶にないですから。

つけダレを一口「んー甘いな」
ミリンのような甘さが際立ったそばつゆのようなタレです。かなり甘い。
スープ割りしても甘かったです。

魚介や豚骨はそれらのバックアップに回ってる印象ですね。
麺をつけてすするとそれらの美味しさが口に入ってくる仕掛けです。タレとしての機能は十分ですね。
豚骨ベースと言いながらも、煮込んだ牛スジのような物体が入っていたりして結構雑多な印象です。

鮪は?というと、私は加熱された鮪なんぞそれこそツナ缶くらいしか食べた事が無い一般市民ですから、あまり「おお!これは鮪だね!」という感想は出て来ませんでした。
「ああ、豚骨の上にいるこれがですかね?」くらいの。

縮れた極太麺との相性は非常に良いです。甘くしょっぱく旨味が絡んで、麺を食べさせるタレとしての役割は十分すぎるほどの美味しさです。
しかし「これは!」というフックの部分がちょっと弱いのかもしれません。
事前情報や、店内に入って注文するまでの印象に比べて普通というか。
色んな面白い要素を技術で平坦に押し込めてしまってる気がするんです。

しかしこういう整合感は落ち着いたお店の雰囲気には合っているのかもしれません。
アトラクション的な美味しさを求めてる私のような人間には敷居が高かったのかもしれません。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。