スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魚一

Category : ラーメン |

今回は釧路のラーメンです。
霧が凄かったです。苫小牧の比じゃありません。
お目当ての店が定休だったため、移動時間も考え、早朝から営業しているこちらへ。

魚一とかいて「うおっち」と読むそうです。
別に違和感は無いですが、なぜそう読ませたかったのかが非常に気になります。

市場の一角にお店はありますが、全体的に淀んだ雰囲気。落ち着いている、とも言えますでしょうが。
あまり接客にうるさくない私でも「覇気がないなー」と思わせる店主。
まあ朝9時ですから。あんまりソイヤソイヤ言われても困りますよね。

うおっち

写真は醤油ラーメン600円。
自家製の魚醤が売りだそうです。
と思って醤油ラーメンオーダーしたんですがメニュー良く見直したら別に「魚醤ラーメン」がありました。
大失敗です。
客は私一人でしたし替えてもらおうかとも思いましたがなんとなく諦めました。

スープをずずっと一口「あー、意外とラーメンかな」
そばつゆみたいな味を連想してたので、こちらはかなり下地がしっかりしてます。
醤油っぽさや動物臭さは無く、札幌ラーメン好きには物足りないかも。

太麺と細麺を選択できますが、細麺でいただきました。
生活圏ではあまりお目にかかる事の無い細縮れ麺。
細麺好きです。「麺づくり」とか大好きでしたから。

不思議なことにこちらの麺をすすると魚介の他に醤油っぽさや動物臭さを感じる事ができます。
麺に絡んだり、空気に触れたりすると舌が感じる印象が変わるんですね。
魚醤だとどんな風味になるのでしょうか。
ていうか後味に魚醤っぽい味がしたけどこれはただの勘違いなんですかね。

チャーシューは厚みもあって歯ごたえも良く、丁寧な出来で美味しかった。
こういう肉肉したのが好きです。
箸でほぐれるようなのはなんかもったいない。

こちらの一杯で「釧路ラーメン」を満喫できたかというと正直分からないですが、ご当地ラーメン特有の「歴史だけいただきます」的な物足りなさは感じませんでした。
食文化というのは求められる声に応え続けて育つものであり、その繰り返しが歴史を作り、知名度を上げて行くのだと思います。
美味しさを追求しているお店に「ご当地ラーメン」は褒め言葉にならないのです。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。