スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「おとん食堂」

Category : 未分類 |

恵庭のお店です。
もともとは栗沢の「醤油屋」というお店が屋号を変えて恵庭に支店を出したようです。
たしか新札幌にも支店があるはず。

本店は何度が行った事があるのですが、昔のフォークはBGMで、コンパスで「光GENJI」とか彫られた小学校の机と椅子を客席にしている、いわゆる「レトロ的な」お店です。
こちらはそこまでのこだわりはは無く、昭和っぽいポスターなどが貼られている程度です。

おとんしょくどう

写真は「子鳩らーめん」580円。
見た目もレトロ調ですね。中央の茶色がかった物体はポーチドエッグみたいな煮玉子です。
ラーメンはお盆に乗せられて来るのですが、伝票も一緒に乗って来ます。
伝票だけカウンターの奥に置こうと思い、持ち上げたら伝票の端がスープにべっとり浸かってしまいました。すこーしだけテンションが下がりましたね。

スープをずずっと一口
「当時は知らないけどレトロな味」
ダシよりもザラメのような甘さのタレが強く印象に残る味です。
魚介もそこそこ入ってるようなので、そば屋のラーメンに近い印象です。
物足りなさはあまり感じないですね。
何度か味わうと最初の印象より結構強めの味つけである事に気付きます。

麺は西山の黄色い中細縮れ麺。西山と聞くと結構な抵抗感が自分にはあるのですが、加水低めのこちらの麺は匂いも少なく、スープの邪魔にならないような、ちょっと意外な西山麺です。
店の前に立てられた赤い西山製麺のノボリが逆にマイナスイメージに感じられるくらいです。

具材は値段のわりに結構なボリュームです。580円でこれはお得でしょう。全体の美味しさはかなりのものですし、物足りない方はセットメニューも豊富です。

千歳と札幌に挟まれた恵庭は苫小牧市民にはなんともアクセスしづらい土地ですが、こちらのような良店が頑張っている事も忘れてはいけないですね。
こういうお店がある事で、その町の事をもっともっと知りたくなるのです。

私にとって食は町の文化の最も重要ななアクセスポイントなのです。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。