スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「菜々兵衛」

Category : ラーメン |

札幌白石川下のお店です。
ブログを中心にものすごい盛り上がりを見せてる「注目店」ですね。
開店直後に行ったきり久しぶりの来店です。
結構目立たない所にあります。
ちょうど満席で少し待ってから席に座れました。家族連れが多いみたいですね。
厨房は結構な緊張感。店主が全体を切り盛りしてるようです。

ななべえ

写真は「おすすめ」の「白湯塩」700円。
スープをずずっと一口
「濃厚…かな?」
何とも不思議な味わいです。濃度があるわりに後口は軽いです。
鶏白湯スープとの事ですが、野菜も相当に煮込まれているかも。
味付けは単純で強めです。塩!って感じ。
ダシの旨味を前面に出そうという趣向でしょうか。

麺は細めストレートっぽい麺です。スープが結構強いので結果的にはスープを食べさせるタイプの麺ですね。
厨房を見た所メニューによって数種類使い分けているようです。凄いこだわりを感じます。

そんなこだわりの麺とスープの中での具材です。
濃厚なスープにアクセントを与えてくれるはずの青ネギがイマイチパンチが弱くて薬味としての役割を果たしてない気がするのです。コショウをパラリと振ってちょうど良いパンチが出ました。濃い動物系スープにコショウはアリだと思います。
まあ薬味まで使い分けるのはさすがに無理ですよね。

あと気になったのは醤油で味つけしたメンマ。
なんか具材としては凄い違和感があって、逆の意味でインパクトがありました。単品だったら美味しいのは間違いないです。

基本的には「美味しさ」が前面に出ているラーメンだと思います。
全てにおいて手抜きがない生真面目さが表れています。
そこに不良っぽさというか、遊びごころというか、直感のような工夫があれば、文句ひとつ言わせないラーメンになるのではないか、と古いラーメン好きは嫉妬にも似た無い物ねだりを抱くのです。

だって自分の理想とこだわりだけでこれだけの客が呼べるなんて十分素晴らしい事なのですから。
私にはそれが少しうらやましいのです。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。