スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「札幌ラーメン三九」

Category : ラーメン |

苫小牧のお店です。早来の方にもありますね。
わりと敬遠というか、「札幌ラーメン」という枕詞のせいでイマイチ惹かれなかったお店です。
「寶龍」みたいなもんだろうと思ってました。

三九

写真は醤油ラーメン。
開店直後なのに満席に近い客入りです。偶然でしょうがほとんどの客が醤油を選択してます。

あれ?札幌ラーメンの店だよね?味噌じゃないの?

そんな疑問を抱きながらスープをずずっと一口「すごーくうまーい!」
はじめて食べたのに、特別な感動もないのに、すごくうまい。
脳に正しく信号を伝える機械のような、もしくは身体の機能を遮断してダウンを奪う格闘家のような正確さ。
そんな美味しさです。
なんなんだろう、これ札幌ラーメン?

モヤシも無く、ニンニクも効いておらず、麺もちょっと細めの縮れ麺です。
想像する札幌ラーメンとはことごとく規格が違います。

「この味どっかで食べた事あるよなー」なんて考えながら食べ進んでいたのですが、後半にコショウをパラリと振ってスープをすすった瞬間、記憶のパズルが一瞬にして完成してしまいました。

「これ、焼きそば弁当の中華スープだ!」

言わずと知れた道産子のDNAのひとつです。美味しく感じて当然なのです。
この味が出せるだけでも私はこの店を断然支持します。

ひょっとして焼きそば弁当中華スープはここの味を真似て作られたのかもしれません。
模倣はオリジナルを超えてしまう事があるし、その結果超えた者はオリジナルを名乗る事もあるし、それらの繰り返しで歴史は塗り変わっていくのでしょう。

そんな余計でどうでもいい事を考えたい方は是非こちらを。もちろんそうでない方も是非。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。