スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「麺や麗」

Category : ラーメン |

千歳のお店です。
オープンは去年。店内奥に巨大な鏡があるシャレオツな店内です。
といっても「いせのじょう」みたいなインテリアが落ち着く私も居心地が悪いとは感じない程度の雰囲気です。

reirei.jpg

写真は醤油ラーメン700円。
中央の白い物体は玉ねぎです。
濃いめのスープにはなかなか合う薬味ですよね。

スープをずずっと一口
「色んな旨味が一斉に押し寄せる!」
そんな感じの複雑さです。
鶏豚の骨髄プラス魚介でしょうか。色々入ってるという以外判別出来ないくらい整合感のある味です。
後味とかはそんなに気にならないタイプといいましょうか、簡単に言うとレンゲが止まらないスープです。
スープだけで金が取れるというか、下世話な突出が無い半面、香りや後味の印象は薄いです。
魚醤みたいな臭みに似た後味は残ります。

これにこの辺じゃかなり珍しい白い中細縮れ麺が絡みます。
札幌麺みたいな主張は少なく、「スープを食べる麺」という感じです。
札幌圏内ではかなり野心的な麺です。

チャーシューは大きめのが2枚。箸で崩れるくらいの柔らかさです。個人的には手間のかけ過ぎというか、ちょっともったいない印象です。

なんて言いながらもほとんど完食しましたけどね。うまさと言う点では苫小牧千歳で断トツでしょう。
訪問毎に味が変わりますが、だんだん美味しくなってるのは間違いないです。
オシャレに逃げたり、土着に依存しない向上心がここの一番の売りでしょう。


しかし千歳の新店はどこも個性を意識してて目が離せないです。
札幌の流行を察知しているでしょうし、それが受け入れられる土壌が面白いというか。
偏見なく美味しい店に客が足を運ぶこの町は、北海道のどこよりもホットなのではないかと思います。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。