スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラーメン二郎 三田本店

Category : ラーメン |

自称「二中病(二郎中毒に憧れてる病)」の私が東京に行って食べる店と言えば!的な。

前日三軒茶屋の日本酒バルで宿までの記憶がなくなるほど飲み上げて朝8時に起きてシャワー浴びて通勤電車に揺られて三田までやってきましたよ。





側面から見るとモノリスのような薄さの店舗。
店内もえらい狭いです。大学とビジネスビルが立ち並ぶこのエリアだと明らかに異界です。

入店すると総帥(おやっさん)から「いらっしゃ〜い」の声。
席は6割くらい埋まってて総帥のトークを聞きながら到着を待ちます。

「中国ではPMなんちゃらがひどくて年間100万人も死んでるって中国政府が認めたってよ〜中国が100万って言ってんなら実際は300万くらい行ってるだろ〜?冗談じゃないよ〜」

ほどなくしてコールタイム。長身の助手の方が聞いて回ります。


写真は小ラーメン600円ニンニクのみ。

軽く乳化したスープがうまそうです。
野菜をスープにひたしていただきます。
しょっぱくて脂っこくてうまい。
何となく札幌店の方が濃くてキリッとしてるというか、当然ですがこちらの方が老舗っぽさを感じますね。
しかし狭いです。背中はと壁の距離はほぼ無く、麺をすするために顔を下に向けたらカウンターに頭が当たるほどの狭さ。
まるで東南アジアのどこかの食堂のような。行ったことないですけど。

麺は手打ちのビロっとした太麺。混んでないせいか茹で加減もいい感じです。

「美味しい」「うまい」というより「食わさる(北海道弁)」という感覚が似合います。
胃と脳に直接訴えかけてくる脂と塩分と炭水化物と化学。
でもやっぱり途中で飽きてきます。ジローオーバーロード状態です。

つらいけど麺と野菜は完食。豚は脂身を残しました。

ドンブリを上げて「ごちそうさま」と声をかけると総帥自ら「ありがとうございます」の声。
道民には堪える東京の寒空でちょっとあたたかい気持ちになりましたよ。


ここ数年で数えきれないほどのフォロワーを生み出した二郎の原点。
直系だけで40店近くあります。
これだけのお店で未だに創始者が現役で店に立っているというのは一つのレジェンドですよ。

これだけ模倣されてる状態ですから味の組み立てはそれほど難しくないでしょう。
ここより量を出す店もたくさん出てきてるでしょう。
それでも他の追従を許さない人気はパイオニアだけが持ちうる特別な力なのでしょう。


誰もがやれそうな事なんだけど誰もやろうとしなかった。
やってみたら大人気になってその後みんながやり始めた。
そんなバンドいたなあ。

そう、ここはブルーハーツみたいなお店ですよ。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。