スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丸醤屋 イオンモール苫小牧店

Category : ラーメン |

イオンモールにあるお店です。
多店舗展開してるようですが道内では苫小牧のみのようです。
三笠にもあった気がするのですが公式の検索に引っかかってきませんね。

CD、映画、輸入食材、ビレバン。
私がイオンに車を走らせる理由はそれくらいでしょうか。

地元(西側)で手に入る物は極力地元で買いたいな、と思っているのですがそんなこと言いながらもせっかくだからご飯も食べていくのもいつもの話でして。

調理場の製麺機に目を輝かせながら食券を購入します。
メニューが横にあって券売機のボタンはそれに沿った番号が振られています。ちょっと分かりづらいかも。

社食で調理してるような雰囲気のおばちゃんが「背脂どうしますー」「ネギ大丈夫ですかー」「チャーシューには卵つきますよー」と問いかけてくるのに答えてると麺が茹で上ります。



写真はこく旨醤油チャーシュー麺。たしか750円。
背脂多め、チャーシュー麺には数量限定サービスで温泉卵がつきました。
ほとんど牛丼のようなビジュアルになってしまいました。

いまだかつて一度もちゃんと取り出せたためしのない紙コップに水を注ぎ、窓際のカウンター席へ。

スープをずずっと一口「甘ケモノっぽい」

関西のラーメンなんだなーと認識させられる甘さ。しっかりとかべっとりという感じではなく、だからといって上品というわけにもいかない甘みが一貫して全体の印象を決定づけています。
タレもそうですが多めにした背脂がまた効いてるんですね。
北海道のラーメンはこれに塩分を上乗せして味の厚みを作ってるような感じになるのでしょうか。これより甘くてしょっぱいですもんね。

スープはケモノですよね。白濁してて荒々しい主張のあるスープです。
タレと背脂でマイルドになってますけどこれはけっこう臭みもあるし、店でイチから焚いたらフードコートではちょっとした災害でしょうね。
ここでこれが食べられるというのは多店舗展開できる企業の強みですね。

麺は白っぽいストレート細麺。製麺機に麺帯を取り付けるおばちゃんの作業風景からして自家製ですね。
フードコートで自家製麺ってちょっと異色な営業形態にも思えますが経営元が「丸亀製麺」と同じと考えたらどことなく腑に落ちる話ではあります。
福岡ほど博多麺ではありませんが京都に行った時この手の麺に遭遇した記憶がありますのでスープも含めて出所はその辺なのかなーと想像してしまいます。

具材の薄切りチャーシューと温玉はライスを呼び寄せる魔方陣のような引力を持つアイテムですがボリューム的にここは我慢です。
乗せて食べたらぜったい美味いでしょうね。やりませんけどね。


どう捉えても北海道らしさは感じられないのにきっちりフードコートで繁盛してるこちら、わざわざ札幌から食べに足を運ぶラオタの方もいらっしゃるようで、商売っ気を考えたら札幌方面にも出店するのが通常の流れだと思うのですが、不思議にも店舗展開の気配はありません。

工業都市ゆえ本州からの移住者が多いから?とか、雪が少なくてなんか北海道っぽくないから?とか、苫小牧の人ってなんか***だから?とか色んな理由を勝手に妄想してしまいますが、とにもかくにもここだけでこれが食べられるというセミローカルな優越感に浸れる貴重なお店であります。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。