スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らーめん 小貫修三

Category : ラーメン |

週末の夕方は売り切れも多く、私にとってなかなかハードルの高い営業時間のこちら。
平日の昼もそこそこの客入りです。

相変わらずきれいな店内。女性スタッフが増えてこちらもまた素敵な方です。いいなあ。

メニューが以前と若干変更されているようです。
ちょっと気になった新メニューがあったのでこちらを。

IMG_1289.jpg

写真は濃いめの鶏白湯塩。数量限定の780円。

スープをずずっと一口「あ、じゃがいも」

鶏恵で感じたとろみとざらつきがこちらでも感じられます。とろみって舌に残る時間が長いから旨く感じやすいらしいですね。
基本の鶏白湯スープにジャガイモと魚介を足したような味わいです。

私的には「濃いめ」という言葉から連想される味わいとはちょっと違うような気がします。
でもこちらには「濃厚」というメニューもあるのでそちらとの中間的な意味だとしたら正しいかも。

麺も通常の塩と同じと思われる白く細めのストレート麺。
旭川系のような芯を噛むと弾けるタイプではなく、くんにゃりした食感です。
濃すぎるスープだと麺が負けてしまうかもしれないですね。

油や塩分を増やす事無く濃さを作り出すという視点はやはり女性客をターゲットにしてるように感じられます。
でも男女問わずラーメンに求めてるものってヘルシーさやオシャレ感よりもっと粗野で自己解放な部分であったりする気がします。

そういう意味ではちょっと物足りない、優しくていい人なんだけど一緒にいてもあまり面白くない人的な。
この辺のギャップを巧みに操って遊び心やワイルドさを忍ばせて時に垣間見せるほうが面白いというか、モテるお店になると思うんですけどね。

まあモテない私が言うのも何ですがって話なんですけどね。
今でも十分美味しいし、それを実現可能にできるお店だけに。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。