スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンガーハット イオン苫小牧店

Category : ラーメン |

カップルや家族連れでごった返す日曜のフードコート。
朝イチで「魔法少女まどかマギカ劇場版」を観終えた中年男性の私が一人でうろついてみました。
きっと虚ろな目をしていたことでしょう。

しかしこれだけたくさんのお店があると虚ろな目をした私でも目移りしてしまいますね。
うどんの新店にも惹かれたのですがこちらで新メニューを見つけたので。

IMG_1275.jpg

写真はかきちゃんぽん699円。広島県産カキ使用とのこと。
どこがカキやねんってツッコミが入りそうなビジュアルですがちゃんと大振りなカキが3個沈んでました。

スープをずずっと一口「あ、味噌なのね」

知らずに(よく見ずに)オーダーしてしまったのでちょっと困惑しましたが別に大きなハズし感もなく「味噌味のちゃんぽんってこういう味なんだな、そうだよね」ってあっさり納得できるような味わいです。

ただ味噌味にしてはわりとぼんやりした味付けで札幌ラーメン圏外の味噌味ってこういう扱いなのかな?っていう疑問はわきました。
もちろん札幌ラーメンだとニンニクやラードなどの要素も加味されていくので違う仕上がりになるのは当然なんですけどね。ていうかそもそもちゃんぽんはラーメンじゃないですしね。

カキはぷりぷりしててちゃんと美味しいです。
味にそれほど影響はない具材ですけどカキが食べたくて注文してるんだからこれはこれで別にいいんです。

野菜はなんか、けっこう雑というか、こんなだったっけ?って印象です。
量はけっこう多いんですけどずいぶんな細切れでちょっと食べづらい。でも元々こんな感じだったかもしれないですね。

そしてですね、麺なんですけど、食べた記憶がほとんど残ってないのです。なんかあったなーくらいの印象。
実際のところ味噌味のスープと野菜とカキで十分おいしく完結しちゃってるイメージですね。

そう、「これ鍋だろ!」っていうイメージが私の脳内で完結してしまったのかもしれません。

だからこれ、具を一通り食べたあとに麺を入れる方式にした方がスマートな料理になるのではないかと提案したいですね。

ジェームス・ブラウン&JB’Sのようにバックバンドがひとしきり観客を盛り上げた後に主役が登場する的な。

でもそれじゃあ意味ないんでしょうね。あれこれ混ぜて食べるのがちゃんぽんって意味ですもんね。

非合理で時にはいびつに感じる図太さが今日の日本のB級食文化を支えてるのです。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。