スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラーメン こうち

Category : ラーメン |

最近所用で恵庭に行く機会が何度かありまして、苫民としては通過都市というイメージが強く、正直あまり詳しくないのでラーメン食うならやっぱここかな?的な消極的セレクトです。

大型店が並ぶ近辺にあるので地元の人なら誰でも知ってるレベルのお店だとは思いますが市外の人間にはわかりづらい場所です。


普通のお店なら中休みの時間帯でしたが店内は半分ほど埋まってます。
女性の一人客が数名います。店員も女性のみなので来やすい雰囲気なんでしょうね。

ちょっと素敵なホールの方に注文を告げます。
いいなあここ。

IMG_2860.jpg

写真はパイタン塩らーめん700円。

スープをずずっと一口「昆布?」

北海道の物産展や道の駅とかで売られている粉末の昆布ご存知ですか?あれの味がすっごいします。

いわゆるグルタミン酸とかいう成分なのでしょうか。鶏なのか豚なのかはわかりませんが白濁した動物系のスープと相まって旨味の塊のような味です。
こってりという言葉の意味に含まれる油膜や濃度とは違う、高密度のスープです。
これちょっと人によってはクドいと感じる人も居るかも。

前回のこちらの記事でも書きましたが、材料をたっぷり使って作ってる印象ですね。

そこに押しの強い味付け、うーん、けっこう攻撃的ですね。
塩ラーメンという物の一般的な解釈を覆すのではないでしょうか。
「女性店主ならではのやさしい味」とかではなく、職人の念のような物がこもってる感じ。

麺はぷよっとした結構普通な札幌麺です。そしてこれが意外に合うというか。
重めのスープに対してのこちらでバランスを取っているというか、馴染みやすい食べやすさでほんわかさせてくれる感じです。
これでギシギシの食感の麺とか入ってたらより攻撃的な味になって一部のマニアにしか受けない味になってたかもしれません。
何となく自分の中で白湯=細めのストレート麺という公式が出来てたような気がしてたのでこれはちょっとした発見です。

具材で特徴的なのがアバラ肉を煮込んだチャーシュー。軟骨の食感がちょっと贅沢な気分にさせてくれます。


こちら恵庭という札幌近郊にありながら札幌ラーメン以外のバックボーンを随所に感じさせるお店で、それはジャズやクラシックなどの要素を取り込んで耳障りのいいポップチューンを作り上げる系のミュージシャンに通じるところがあるというか、いろいろ楽しみながら満足させてくれる一杯だと思います。


場所柄なかなか行く機会はないお店ですが札幌圏の方にもぜひちょっと足を伸ばして食べてもらいたいお店ですね。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。