スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味の大王 生粋

Category : ラーメン |

やはり生活時間帯によって食べに行くラーメン屋も変わってきますよね。

夜勤なんかやってた時はやはり山岡家とか頻繁に食べてましたし、残業が多い最近は20時くらいでも開いてるお店が多いです。
かなり条件が絞られてくるので今まで優先順位が低かったお店に行く機会が増え、その中で色んな発見がありますね。

そんなわけで最近はこちらを選ぶ機会が増えました。今までほとんど食べた事が無かったのでいろいろ試したいという欲もちょっとあります。

入店と同時にガタイのいいホールのお兄さんがドタドタと近づいてきて「食券を先にお買い求めください」との説明。
食券を買って座る前に渡そうとするとガタイのいいお兄さんなぜか腰を引いて手を伸ばして後ずさりしながら私の食券を受け取ります。まるで爆発物でも受け取るかのような物腰です。
もうちょっと慣れましょうね。

そしてそんなドタドタなお兄さんを見て厨房の方が私の目の前でため息ついたり軽くキレながら作られた負の連鎖の象徴のようなラーメンが運ばれて来ます。何だかね。


IMG_2863.jpg

写真は醤油カレーラーメン。値段は忘れました。

「元祖カレーラーメン」より黒っぽくて、醤油ダレが加わっているのだろうな、と思わせます。

スープをずずっと一口

「あーーーー!」


最近すっと固有名詞が出て来ない系中年男性ですが今回はわりとすぐに降りてきました。


「これ、カップヌードルカレー味!」


普段何気に食べてるカレーヌードルの構造がここで明らかになるとは。
そうか、醤油の普通のカップヌードルにカレーを足したらあの味になるんですね。
頭の上の電球がピコーンと点灯した気分で先ほどの負の連鎖の事などどこかに消え去ってしまうような高揚感に包まれます。

どういう経緯から生み出されたのかはなんとなく想像出来ますがこの味になるとは作り出す段階では当事者でも予想出来なかったのではないでしょうか。

前回食べた「元祖」よりカレー度は低めで、ラーメン寄りの味わいです。
そしてこちらの方が思い浮かべるカレーラーメン像に近いというか、麺を食べさせるスープとして優秀かと思います。
これは好きですね。おすすめです。

まあしかし素直に美味しいと納得出来るのはやはり私のカレーラーメンの根底がカレーヌードルだからなのでしょう。

「売れているのが良いもんなら、世界一うまいラーメンはカップヌードルになっちゃうよ(甲本ヒロト)」
たまにはそれでもいいんじゃないかな、と思える一杯でした。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。