スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らーめん 小貫修三

Category : ラーメン |

先日札幌から移転オープンしたお店です。
移転の経緯は不明ですが。何にせよ苫小牧の人間としては嬉しい話です。

白を基調にしたきれいな店内、カフェのような丁寧な接客の女性店員さん。
店内を黒づくめにして体育会系のかけ声が飛び交う最近の苫小牧の新店と真逆と言っていいですね。

デザートにカタラーナとかありますよ。
うおうオシャレ。

置いてある漫画も地味にレベル高いです。これ私的には重要です。
「鋼の錬金術師」「アイアムアヒーロー」「進撃の巨人」などなど。
間違い無く店主は現役の漫画好きでしょう。

とはいえそれほど待つ事も無くラーメンが来ました。ああーもうちょっと読みたいなあ。

IMG_2496.jpg

写真は鶏白湯塩700円。

スープをずずっと一口「甘くない」

何となく「ラーメンの味」として意識の底にいつも認識してる甘さがこのスープにはありません。
塩ラーメンだからでしょうか?塩ラーメンもちょっと甘かったりしますよね。
ちょっと斬新というか「あれ?」と肩すかしを食らう人も多いのではないのでしょうか。

ただ味わいとしては決して悪くなく、白濁したスープの味がストレートに感じられて途中で飽きる事もなく楽しめます。脂も少なめで「ラーメンらしさ」という枠を意識的に排除してるような意思を感じます。

麺は自家製というノボリが立っていて、実際そうらしいのですが、ノボリの下の部分に「さがみ屋」と書かれていたのが何とも謎です。さがみ屋で実務指導というかプロデュースしたとかそういう意味でしょうか。

さておき白い細めのストレート麺は主張も少なく、すすっと食べられてなかなか好みですね。
ツルツルパツパツとした食感がちょっと違和感ありますが、これはこれでいいのかなとも思える新しさがあります。

具材もおそらくえらい手間がかかっていてそれでも目立たずスープの味を邪魔しないような調理です。
これは他のメニューも楽しみです。


食べてて思い浮かんだのは「モテそう」
高級洋食出身のバックボーンを持つ店主が素人には想像もつかないような技術で作り上げたこの味。
店内もラーメンも女性客を意識した作りなのは間違いないでしょうし、その配慮の特化っぷりは「モテ」の領域でしょう。

その存在は少年マンガの序盤あたりで執事の運転するロールスロイスに乗って登場するイケメンでお金持ちの転校生というか。
容姿端麗、頭脳明晰、スポーツ万能、ヒロイン的女性を一目見てどこからか取り出したバラの花を差し出す的な「王子感」を感じます。
あと制服も一人だけ特注でなぜか白い学ランだったり。なんぼでも出てきますがこの辺で。

ただこういう王子感って苦手な女性も多いのも事実だったりしますよね。やっぱ不良っぽい主人公にくっつくのがヒロインの宿命というか。

ラーメンにこれを求める層がどれくらいいるのか、はたまたこれを機に苫小牧のシーンをバラ色に塗り替えて行くのか、もの凄く楽しみです。

そういうざわざわ感が止まらないこちらのお店、転校生はいつの時代も噂の的なのです。
スポンサーサイト

コメント一覧

#87
ここは三味それぞれ麺が違い、各麺のスープとの融合は完成に近い気がします。無駄に黄色く縮れプリプリと着飾った小林幸子麺とは違う美味さがあるかと。
#88 Re: タイトルなし
清さんコメント&情報ありがとうございます!
室蘭は札幌ラーメンの影響が少なくて札幌と室蘭の間にある苫小牧市民としてはとっても興味深い町なんですよね。

三味それぞれに麺が違うって自家製ならではですね。ていうか自家製でもそんな店ちょっと思いつかないです。
なかよしは過去に東室蘭の駅前で食べただけなので次回はこだわりの深い入江店を攻めよう思います!
#89
駅前のなかよしは、はっきり言って『なかよしグループ』では最低ランクに近いですね。ま~たっくやる気のない夫婦経営で仕方なくやってるみたいな空気全開ですし、麺茹で時間は野球中継見てるかタバコ吸ってますか!なので固さはいつもまちまちでガサツ。Yahoo!では未投稿にされましたね
#90
コメント記載間違いでした。すいません
#91 Re: タイトルなし
あー気にしなくても大丈夫ですよ。私も確認しないでコメント承認してしまったんで。

なかよし店舗巡り楽しそうですね。地元の方の情報は頼りになります。
ただ東室蘭駅の店の「いかにも昭和」な雰囲気はちょっと好きでしたね。
#92
清ヲタ改めまして『清』で末永くお付き合い願います。R.S.Rさんの的確に的を得たコメは投稿者にはありがたいです。
#95
縄文に20人弱の行列がありパスしてこちらで味噌を。スープはあっさりしており美味しい粒味噌なのかあまり手を加えていない感じで飲みやすい。生姜も良いインパクトである。魚介でも濃厚でもなく味噌汁や鍋でもない。。近いのは一袋何十円のスーパーのタレ。ん~・・・?ある意味好きかも。
だが!麺がな~明らかに人工的で、もう少しで透けてしまいそうな感じで、強制プリプリ&ウェーブがついてます。醤油や塩の感覚で食べると『えっ』って思うでしょう。
さがみ屋とは味噌麺のこととしか思えないな~。。長々すいません
#96 Re: タイトルなし
あの自家製麺の文字の下のさがみ屋の表記は色々謎ですよね。
技術指導?
機材リース?
はたまた味噌の麺はさがみ屋の製麺?
さまざまな憶測が飛び交ってもアリだと思います。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。