スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生成

Category : ラーメン |

苫小牧バイパス沿い、花園町にあるお店です。

以前は日新町にありましたね。
当時は看板の無い真っ白な外観の店舗で非常に目立つお店でした。
当のご本人達はまるっきり目立つつもりなんて無さそうなのがまたアツいというか。

店内は喫茶店の居抜きっぽい落ちついた雰囲気です。
その中でその雰囲気をさらに濃密に煮詰めたようなご夫婦が調理、接客をこなします。
厳密に言うとご主人が接客を担当することは、まずありません。
「ストイシズムからにじみ出るダンディズムが醸し出すダンマリズム」とか書くと全くもって意味不明ですが、ここ訪れた方なら分かってもらえると信じてます。

ピカピカの厨房器具を眺めながら到着を待ちます。

IMG_2189.jpg

写真は塩らーめん750円。

店内に貼られているメニュー表なんですが、一番下の部分が折り曲げられて隠されていて非常に気になります。
時々登場するメニューとかなんでしょうか。
まあ「ライス」とかなんでしょうけどね。

話は戻りまして、実際ここで食べた事が無くてもこのビジュアルでピンと来た方もいらっしゃると思います。
そうです1990年代にラーメン界を風靡した「山頭火」です。
こちらの店主は山頭火で店長を勤められた方だそうです。
日新町の店舗も元々は山頭火だったそうです。

スープをずずっと一口「・・・薄くね?」
魚介と豚骨主体のスープですが、昨今の流行りの濃厚さはどこ吹く風。
おそらくきっと食べた誰もが薄いと感じるのではないでしょうか。

でもね、薄かったんですよ。山頭火って。
私も札幌在住時に初めて山頭火を食べた時の感想も「薄くね?」でした。
当時のラーメンに対するアンチテーゼのようなスタンスで業界に乗り込んできたラーメンでした。
そんでそれよりももうちょい薄いです。
その分塩分とおろしニンニクが際立っているように感じます。

意図的にそうしているのか、無意識なのか、単に私の思い違いなのかは不明です。
私は定期的にこの味が食べたくなるのでそこまで大きなブレはないのではないかと思われます。

麺は加藤ラーメンの低加水ストレート細麺。旭川ラーメンの定番といってもいい麺です。
茹で加減も絶妙でわずかに芯が残った状態です。
いいですよね、この麺、大好きです。柔めに茹でられててもけっこう好きです。「ラーメン食ってる」って感じがするんですよね。まあ他の麺でもするんですけど。ここは格別です。

醤油で煮込まれた肉がですね、結構へヴィーに入ってます。
ゴロゴロしてて、噛むと簡単にに繊維がほぐれるタイプです。
私は好きだから何も問題ないですけどここの味が好きな人にはちょっと重いかも。


有名店で修行した後、そのお店の味をそのまま引き継いで独立、というあるようでなかなかないスタイルのこちら。
「俺にはこれしか出来ないから」というダンディズムを漂わせていてなかなか素敵だと思います。
どんだけテンポが速い曲でも黙々とダウンピッキングを刻み続ける松井常松氏のようです。


苫小牧の支店は無くなり、道内でも数少なくなってきた山頭火の味をいつまでも守り続けてほしいものです。

刺激や変わり種のラーメンに疲れたとき私はまたこちらの暖簾をくぐる事でしょう。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。