スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラーメン木曜日

Category : ラーメン |

前回こちらのお店についてけっこう批判的な事を書いたので自分の中でイメージを更新したくて行って参りました。

味やお店の雰囲気に関しては基本感じたままを書くようにしてますので、好きな方やお店にはいささか不快で間違いばかりのブログかもしれません。

そういう事が何となくわかっていてもテンプレートを張り合わせたような提灯記事は意味が無いと考えてますのでこのまま行こうと思います。
まあここなんてラーメンブログの極北ですからね。実際の影響力なんてほぼゼロですよ、と自分に言い聞かせてみます。


大雪の影響で4時間のドライブの末たどり着きました。
いつも通りレゲエが流れる店内。気分が少しだけ南下していくようです。

IMG_2224.jpg

写真はノーマルの醤油ラーメン500円。

レンゲでスープをすくった時点で煮干しの良い香りがします。
ずずっと一口「やっぱこれだよね」

知識として知っている「鶏と煮干しの旨味相乗効果」を体感出来るスープです。
魚介が控えめってわけでもないのですがえぐみや生臭さなどは無く、道民の私でも抵抗なく味わえます。

喉に引っかかるようなタレの甘さがちょっと気になりますが、甘さが味のボトムを支えてる事はよくある話なのでこれはこれでアリかと。

麺は全粒粉のつぶつぶが見える自家製麺です。
ストレートなのはともかく太さが絶妙かつ微妙で、どことなく不思議な気分になる麺です。
このお店の個性であり、魅力でもあるのですが道民には若干の「食べ慣れ」が必要な麺なのではないかと。


やはり前回の煮干し醤油よりノーマルの醤油の方が整合感は断然上ですね。
この値段でこれが出てきたら誰でもちょっと嬉しいはず。


こちら味わいは非常にやさしく、値段も財布にやさしいのですが、やってる事はけっこう脱札幌的というか、値段もある意味攻撃的ですよね。ラジカルというか。

店内にレゲエが流れてて穏やかな空気の店内ですが実はレゲエって「レベルミュージック」と呼ばれる批判や解放をテーマとした曲が非常に多いんですね。

イギリスの植民地だったジャマイカは独立後非常に不安定な状況で、その不満や不安をストレートに表現したのがレゲエの原点と呼ばれています。


流行りに流されやすい札幌のラーメンシーンの抑圧からの解放をラーメンで表現してるとすればこちらは間違い無くジャマイカンレゲエから発生したレベル・ラーメンと言えるでしょう。

そんな事無いですね。失礼しました。

でもそんな解放感をこちらのラーメンから感じる事が出来るのが私なのです。
スポンサーサイト

コメント一覧

#70
はじめまして。こちらのお店は旅行のときに一度参りましたが、BGMがとても癒されるのですが、ご存じでしたら誰の曲なのかを知りたいです。
#71 Re: タイトルなし
ごめんなさい。アーティスト名まではわからないのですが、ルーツ・レゲエと呼ばれる音楽の曲が多かった気がします。

ジミー・クリフ、ボブ・マーリー、リー・ペリーなどの名前で動画検索したら近い感じの曲が出てくると思います。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。