スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道の塩(つけ麺 道)

Category : ラーメン |

二郎を完食し、店主に軽く会釈して店を出ると目の前には環七線が広がります。

今回は基本ノープランの旅だったので胃の中の二郎を消化する意味合いも兼ねて、ラーメン屋がひしめく環七通りをちょいと歩いてみました。

その前にローソンでブレスケアを忘れずに買います。

しかしラーメン屋多いですね。「くるまやラーメン」「花月」「大勝軒」なんて聞いた事あるレベルの店もぞろぞろ出て来ます。でも時間帯も早いせいかどこも客入りはイマイチです。
早くから車がびっしり停まってたのは「スシロー(回転寿司)」ですね。ちょっと食べてみたかったです。

そんなこんなで青砥駅までびっしり2時間ちょい歩きました。もう歩けない、というか歩いてたら間に合わないと判断してバスに乗り込みました。

目指すは亀有。昼間から営業してるいい感じの飲み屋に後ろ髪引かれながらこちらへ。

下町の商店街に突如現れる20人以上の行列に並びます。

つけ麺がお目当てだったんですが店内からバイトっぽい女の子がタタタとやってきて「本日は都合によりつけ麺は提供できません。塩ラーメンのみの提供になりますっ!」とけっこう衝撃的なアナウンス。
数名の離脱者が発生して行列が少し緩和されます。

それでも1時間以上は待ちましたね。

私も離脱しようかと思ったんですが他の候補でも待たされるのが目に見えてるので前に並んでるバンドやってます的な若者の会話にうんうんうなずきながらようやくのご招待。

まあ座ってからもそこそこ待たされるんですけどね。

IMG_2143.jpg

写真は塩ラーメン(並)750円。別皿でレモンもついてきます。

どれどれどうですかね


スープをずずっと一口「おおう・・・」


脳がホワっと何物かに覆われてしまう感覚に包まれます。

濃厚な鶏白湯に魚介も効いてる昨今の流行り系なのですが、こんなのどうやって表現したらいいんだ?ってこっちが聞きたくなるくらいの一体感というか「はじめからそういう味のする物体」とでも言いたくなるくらい絶妙なスープです。

塩味は控えめでしょうか。物足りないと思わなかったのはスープばかりレンゲですくって飲んでた記憶から何となく読み取れます。

麺は白い緩めのウェーブの中太麺。スープとよく合う、というかスープの邪魔をしない麺であり、ごく個人的には麺とか要らないよな、と思えるくらいスープがうまいです。

具材も凝っていて、味玉にアーモンドみたいな味付けがされていたり、チャーシューもきめ細かい食感だったりしてたのですがやっぱ要らないな、と思えてしまう。

でもレモンは嬉しいですね。絞ると味が軽くなって旨味も増幅される気がします。


スープが衝撃的にうまかったって事しか書いてない気がするんですがとりあえずそれは自信をもって言えます。

でも麺はこれがベストなのか?と聞かれるとうまく言えないというか、昨今の濃厚スープを食わせる麺としての役割は十分果たしていますし、何も不可は無いように思えるのですが、なんかもっと相乗効果を引き出せる麺があるんじゃないのかな?という無い物ねだりをしてしまう部分がありますね。

少なくとも先述の「麺は要らない」という発想はポジティブじゃないですよね。

ここまで圧倒的なラーメンを食べておいてこんな事言う私もちょっとアレですが、なんつーか「アイツの横にはいつもコイツがいてそれが最高なんだよ」っていう男の子が惹かれる「コンビの格好良さ」が足りない気がするんです。

猪木に藤波、ミックにキース、キヨシローにチャボ、ゴンにキルア、ルパンに次元、松本に浜田。

天才的な能力の主人公の暴走を引き止め、サポートし、時にはぶつかる。そんな相棒がいつも傍らにいるだけで彼らは何倍も輝いて観る者を惹き付けます。

楽しいじゃないですか、こんなスープとコンビを組める麺が現れるかも、という妄想が出来る事実。


幸せは途切れながらも続くのです(「スピカ」スピッツ)
スポンサーサイト

コメント一覧

#66 コンビの格好よさ
なかなか おもしろい例えっすね

キヨシローとチャボと言えば 仲井戸麗市のライヴが11日苫小牧でありましたよね

まさか苫小牧に来るとは思いもしませんから ビックリです
#67 Re: コンビの格好よさ
来てたの全然知りませんでした・・・ちょっとショック。
去年もシナロケとか来てましたよね。あなどれませんね苫小牧。

最近聴いてる斉藤和義の「ボクと彼女とロックンロール」という曲の「ヒロトにマーシー チャボにキヨシロー」というフレーズがとても気に入っててちょっと使わせてもらいました。
#68
知らなかった人 多かったと思います

札幌は別として 帯広 函館は苫小牧より動員数はるかに多かったです

ですが 逆に少ない分 目の前での仲井戸CHABO麗市は格別でしたよ

ただ 清志郎が居ない現実・・・

もちろんCHABOだけでも 全然 大好きなんですが あらためてRCの再活動は無いと・・・

解散ではなく無期限の活動停止でしたからね

ロックンロール・・・

ロックンロール!
#69 Re: タイトルなし
清志郎が亡くなった翌日苫小牧にボノボというバンドがツアーで来てライブを行ったんですが、アンコールで「デイドリーム・ビリーバー」を演ったんですよね。

優れたミュージシャンの肉体は滅びても音楽と魂は転がって残って伝わって行くんだな、とその時実感しました。
何が言いたいのかというと

ロックンロール!

って事です。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。