スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ももや

Category : ラーメン |

再訪です。

なんとなくもう一回食べたいな、という気持ちにさせる味だったので。

今回は裏口から入りました。

苫小牧は裏口から入れるお店いくつかありますよね。
他に「ろーど」「生成」
他所の地域でも一般的なんですかね。

昼時だったのでなかなかの客入りです。

IMG_2096.jpg

写真は塩ラーメン680円。
メニューが増えてます。
「トマ・チリメン」とか苫小牧産のちりめんじゃこをふんだんに用いた魚介系でしょうね。
失礼しました。

例によって小鍋で白菜とモヤシをスープで煮てから盛りつけられます。
軽く白濁してます。

スープをずずっと一口「これ・・・鳥よしじゃね?」

何という事でしょう。伊達の有名店で修行された方のお店が苫小牧の古株ラーメン店を彷彿させるとは。
私の味覚と記憶は大丈夫なのでしょうか。

「鳥よし」はもうちょっと尖った口当たりがあるような気がしますがこちらはやわらか目です。
野菜を煮たせいでしょうか。
鳥よしのスープで野菜を煮たらこんな感じになるのでしょうか。
そもそも門外不出である鳥よしのスープは一体何で出来てるのでしょうか。
まあここでそんな事考えてもしょうがないです。

塩ダレはかなりシンプルな気がします。醤油は若干節っぽさを感じたのですがそれも無し。

醤油より甘みが強調された印象がありますが、他の方のレビューを読むと「醤油も甘い」の声が圧倒的です。
ここでも自分の味覚に不安の色が立ちこめます。

しかしどんだけ不安でも自分が感じたままを書くのが当ブログの基本方針ですのでこのまま続けます。

「麺は自家製」の情報はショップカードの裏に書かれてましたね。前回は見てませんでした。
見た目は麺から臭いが立ちのぼるタイプですが、野菜を煮たにおいの方が先に立つのでよくわかりませんでした。
ゆるめの縮れ麺はけっこう万能な印象です。

んで煮込んである野菜なんですが私はかなり好きなんだな、と今回気付きました。
インスタントラーメンにざく切りにしたキャベツ入れて煮たやつとか最高ですよね。
ラードで炒めた物よりこっちの方が好きですね。白菜とか夏場も入れるんでしょうかね。


今回塩を食べたせいで「鳥よし」→「六文銭」→「ももや」的な系統図が思い浮かびます。
なんか似てんですよ。軽く白濁したスープで刺激とかで食べさせるタイプじゃない所とか。
自分の好きな店を勝手に結びつけて楽しむとかお店側にとっては至極迷惑でしょうが、まあこちら素人の戯れ言です。

というわけでかなり好きですね。こちら。
味も好きですが北海道のラーメンの定義を色々微妙に外してくる所がまたいい。
そして(私の独断ですが)伊達から来たお店が苫小牧の人気店の系譜に舞い込んで来たなんてちょっとしたドラマを感じます。


「偶然 イコール 必然(by LOOSE MEN/THE BIRTHDAY)」なのです。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。