スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺や 虎鉄

Category : 未分類 |

遅くまで営業してるので残業あがりの時などによく行くお店です。


苫小牧は20時過ぎると行けるお店がかなり限られてしまいまして、ラーメンの候補ですと21時までの赤門かこちらになってしまいます。
大好きな六文銭も21時までの筈なんですが実際20時過ぎると開いてない事が多く、帰り道の都合上こちらに流れることもしばしば。

「ちゃんと開いている」という安心感は大きな魅力ですよね。労働で疲れた身体には特に。


券売機で食券を買い店員さんに渡します。
IMG_2047.jpg

写真は塩ラーメン唐揚げセット小ライス850円

ライスは小と中が選べます
単品だとラーメンが750円で、ライスが100円です。
これに100gの唐揚げがついて850円というのはこっちを不安にさせるレベルのお得さではないでしょうか。

あと毎回もらえるクーポンでチャーシュー追加しました。
ネギとメンマも増量できますが今回は普通で。

しかしまあすごい量です。
私のような労働者階級には揚げた肉が転がってるだけで急激にありがたくなるのです。
すっげー正直に言うと野菜マシマシとか霞んで見えます。

唐揚げは竜田揚げのような衣で若干スパイシーですが塩味は控えめです。
油淋鶏のような甘口とタバスコのような辛口の2種類のソースがついてきます。
まあおかずとしては何ら遜色ないレベルの唐揚げです。
ちなみに50円追加で唐揚げは2枚、100円追加で3枚になります。なんかもう親の仇みたいな価格設定ですね。

スープは塩味の白湯です。
説明通りに行けば豚骨と魚介でしょうか。
ほのかに効いたニンニクがなかなか良いです。
ラーメンにはあまり合わないと思っているワカメもこのスープに混ざると意外なほど風味が良い。

塩は以前にも食べた事があったのですがその時よりも断然調和がとれた味になってます。
ニンニクなんかは作る人によってかなり違いが出そうですからね。

麺はちょっとボソボソした自家製麺。
多店舗展開するお店にとって自家製はコストなどの面でも大きな意味があるのでしょうね。
でもちょっとこのスープには浮いてる印象があります。
こういうの好きな筈なんですけどね。
この違和感はどこから来るのだろう、札幌圏の血筋か?とも思いましたがこれに札幌麺が入ってたらやっぱりあれこれ言うと思うんですよね。

色々考えながら食べましたが頭上の疑問符は消えないままでした。



量や営業時間など利点ばかり挙げましたが実際ラーメンのおいしさもかなりのもので、私的には全面支持の姿勢なのですが、この時間帯だけで言えばイマイチ客入りが寂しいのも事実です。

これだけの大バコを維持する体力が店舗単体で賄えてるのかは疑問ですが、無くなって欲しくないと願う人間に出来る事は足繁く通う事だけです。


ファンを名乗るだけじゃファンではいられないのが現実なのです。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。