スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つけ麺shin

Category : ラーメン |

今日で今年も終わりですね。

ひっそり消滅するかと思われた当ブログも無事年を越せそうです。


今年の最終記事は「あらとん」と並ぶ札幌のつけ麺の代表格とも言えるこちらです。
東京のつけ麺の名店「六厘舎」出身という堂々たる肩書き。
市内道外に数店舗を構える有名店です。

東苗穂のキャッツアイの道路を挟んで向かいにあります。
昼時で混み合う店内ですが席に着くとそれほど待たされずに運ばれてきました。

IMG_1952.jpg

写真はつけ麺780円。冷や盛りです。

極太の麺を持ちあげてつけダレにくぐらせてゾバゾバとすすります。
タレが飛び散ってちょっと申し訳ない気持ちになります。


ああ、濃厚豚骨魚介。
これだよこれ。


粘度より濃度で麺に絡み付くつけダレは以前より甘みは控えめで魚度が高くなってる気がします。
「にぼshin」開店の影響でしょうかね。

多少大雑把にいじっても特に影響なく食べられるのが濃厚豚骨魚介の良い所でもあります。
その分他で食べても差がそれほど出ないという弱点も持ち合わせていますね。


麺は食べやすくなった、というか食べる側が慣れてきた、という気もします。
北海道で極太麺が一般的に食べられるようになったのもつけ麺が登場してからの話ですよね。

浅草開化楼から札幌のカネジンに製麺会社が変わったようですが以前食べたのも結構昔なので違いは正直わかりませんでした。
ただモチモチの食感は変わらず「麺を食う」というつけ麺の目的は十分果たせているのではないのでしょうか。


ここ数年有名店から業務用、果てはコンビニ冷凍麺に至るまでに果てしなく模され、もはや目新しさは皆無とも言える濃厚豚骨魚介つけ麺ですが、ここまで定着した理由は「わかりやすくうまい」という点でしょう。

「佳」の時にも書きましたがメロディックコアパンク的な魅力がここにはあります。
しかし真似すれば同じ物が出来る程簡単な物でもないのでしょうね。
楽器買ってメンバー揃えても簡単にバンドは出来ないのとそんなに変わらないでしょう。

でもそういうイージーなイメージがシーンを作るのも事実です。
新たな王道が出来上がってそれに対してのカウンター的な亜流も盛り上がって行く。
その中心に居続けるためには現状維持以上の力が必要でしょう。


既存のシーンに風穴を開けた力がここには健在なのです。



来年もよろしくです。
スポンサーサイト

コメント一覧

#59
風穴と言うか、こちら、東京から楽器買ってきただけでは?
#60 Re: タイトルなし
はははは

新しいおもちゃ買って翌日学校に持ってきて人気者になるタイプかもしれないですね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。