スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「若草食堂」

Category : ラーメン |

日高富川のお店です。
国道沿いにあります。

先日お誘いがあって門別の道営競馬を観に行ってきました。
浦河までドライブ、ラーメン食べて観光、帰りにもう一杯食べてから会場入り、となかなか濃い一日でした。

馬は近所にもいるので見なれたもんだな、なんて思っていましたが、パドックで悠然と歩く競馬馬の毛並みや体つきは圧倒的。
そして走るのが速いこと速いこと。レース中はあっという間に視界から消えて遥か彼方にすっ飛んで行きます。
こりゃみなさん虜になりますね。暑い時期ならビールが進む事でしょう。

予想成績は惨敗でしたが、また機会があれば彼らの勇姿を、というかビール飲みに行きたいですね。

今回の旅で私に課せられた役割は食事のリサーチ。
地方は情報が少ないうえに、その情報が古い事が多く、目的の住所にたどり着いたはいいが、閉店、移転なんて事がザラにあるのです。
そんな中で半ばあきらめ気味に決めたお店がここ。完全に地元の食堂です。
片付けられた店内には冗談好きなおばちゃんがひとり。うーん。

「しょうゆラーメン」600円を注文しました。

若草食堂

そしてこれが出て来ました。白濁したスープです。食堂でこれが出てくるとは少々意外でした。
北海道の食堂で出てくる醤油ラーメンの多くは「黒に近い茶色のスープに炒めたモヤシ、黄色い縮れ麺」てのが定番で、白濁したスープはまた別に「とんこつラーメン」と称されてメニューに載ってたりします。
どちらも、業務用のスープを使い効率化を図って営業されてる事が多いのです。

スープをずずっと一口「自家製っぽい?」
極端に煮込まずに、誰でも食べられるような濃度のスープです。もし自家製でしたらかなりの手間でしょう。
それに大量に溶かしたタマネギのような甘みがあります。
醤油っぽい塩分はほとんどなく、知らずに注文した人はたいがい驚くのではないでしょうか。

具は標準的な品目と味でした。ネギがかなり辛いのでアクセントとしては良いですが、ちょっと合わないかな。

麺は入口に若森と書かれていました。胆振管内ではわりと普通に食されてる黄色い縮れ麺です。
スープと合っているか?と聞かれると微妙な所ですが、慣れてるせいか普通に美味しくいただきました。スープが濃い目だとそんなに気にならないのかもしれません。

あれこれ書きましたが、基本的には地元に愛されてるお店だと思います。
次回来る時もおばちゃんの冗談と長電話に笑いながら同じラーメンをすすりたいものです。

おまけです。浦河の旅館の看板です。
浦河

空のジョッキが出てきたら笑いますけどね。
スポンサーサイト

コメント一覧

#14
>馬は近所にもいる

どういう住環境よ、っていう(笑)



今度は野良仕事の後にビール飲みましょう。
#15 Re: タイトルなし
セピアブルーさん

鹿もキツネもキジもいますよ。簡単に言えば田舎です。
野良仕事ですか。場所なんぼでもあるのでご所望ならじゃんじゃんやってもらいますよ!
まずはカラスの餌付けからお願いします。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。