スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凡の風

Category : ラーメン |

言わずと知れた有名店です。
前回の木曜日の麺切れの時に駆け込んだお店です。
ちなみ私の有名店の基準は「お土産、袋麺、カップ麺になったかどうか」です。今制定しました。

世間ではお洒落と言われていそうな店内。
カウンター越しにはちょっとイケメン風な調理のお兄さん。
いまいちわかりづらい券売機で食券を購入して渡します。

IMG_1443.jpg
写真は塩つけ麺印南風750円。

つけダレにはパセリ?や玉葱や色違いの玉葱やコショウのような物が浮いていてこの時点で「ちょっと洋風」と思わせる印象です。

太めの縮れ麺をつけダレにくぐらせてずずっと「しょっぺー」
うん、とりあえずはしょっぱいです。
塩の味。
塩つけ麺なんだからそうですよね。

しょっぱいと感じながらもそれがなかなか美味しいというか、きっちりハマってる。
コショウの辛みも整合性の枠にきっちり取り込まれています。
札幌ラーメンベースのスープで違和感無くつけダレを作った一つの回答かもしれせん。

ただ、なんか、食べ進むとちょっと飽きてくるんですね。
楽しさが無くなってくるというか、スクウェアというか、食べるという行為がだんだん作業的になるというか。

割りスープを頼むとベーコンが追加されて旨味をプラスされて出てくるのですがどうもこの「洋風」というエッセンスに違和感があるのではないかとこの辺で気付いてくるのです。

現代の日本人にわりと馴れ親しんで来たと思われる「洋風」ですがラーメンという土着な食べ物に導入すると食べる側の気持ちにズレが生じるというか、少なくとも私はそう感じました。

ベースのスープはわりと普通なのでこういう装飾を取っ払った方が普通に美味しくいただけるのでは、なんて考えてもみたりします。でもそれじゃ意味無いっすよね。


これまでのラーメン観がひっくりかえるような可能性のある分野だけにまた食べに行くとは思います。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。