スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らーめん・ぎょうざ 福助

Category : ラーメン |

わりと近所にありまして、あまり気合いを入れずにラーメン食べたい時には重宝するお店であります。

カウンター少なめと小上がり多めのファミリー客に優しい店内。
昼前から常連っぽい客がパラパラと入って来ます。

市内有名店で修行された方だそうで、それが反映されたメニューもあります。

ていうか結構メニュー多いですね。通常の3味にもバージョンがいくつかありどれも美味しそうです。

IMG_2911.jpg

写真は特製正油ラーメン700円。

焦がし正油とひき肉が特徴だそうです。

スープをずずっと一口「もう、それだー!」

焦がし正油の香ばしさ、ひき肉の旨味が全面展開です。猛烈にわかりやすくてとてもうまい。
ギターリフ一発で全てを塗り替えるような豪快さに近い物があります。

底の方にはこんなに入れたらそりゃうまいわってくらいの量のひき肉が沈んでます。
ひき肉からは脂もけっこう出ていてかなりの凶暴なスープです。

細かい味付けとかもう憶えてないです。
ああこれ焦がした正油だよな!っていう言葉が脳裏に焼き付いて離れないくらいのインパクトです。

こちらでは通常の正油ラーメンも結構食べるのですが、地のスープが同じだとしたらこれは相当なバーサークっぷりです。
長時間食ってたら蛮性に支配されて通常モードには戻って来られない的な危険さを感じます。

弱点はやっぱちょっと途中で飽きて来る事でしょうか。酢を垂らすと味が軽くなっていい感じ。


麺はわりと苫小牧的なやや細めの縮れ麺です。
いつもけっこう柔めに茹で上げて出て来るのですがこの日はかなりシャキッとした仕上がり。偶然そうなったのかメニューによって変えてるのかは不明ですがスープとの相乗効果でよりシャープな一杯になっている気がします。

こちらのチャーシューは柔らかくてなかなか美味です。
味付け控えめで他のメニューにも馴染んでいくような仕上がりです。1枚から増やせるのも嬉しいですね。


わりとぼんやり行ける店で食べるにはあまりにもハードエッジな一杯でした。
こちらの多彩なメニューは店主の多才を余す事無く具現化させるプラットフォームだったのですね。

もちろん他のメニューも美味しいので今後記事にアップしていきたいと思います。
スポンサーサイト

ラーメン こうち

Category : ラーメン |

最近所用で恵庭に行く機会が何度かありまして、苫民としては通過都市というイメージが強く、正直あまり詳しくないのでラーメン食うならやっぱここかな?的な消極的セレクトです。

大型店が並ぶ近辺にあるので地元の人なら誰でも知ってるレベルのお店だとは思いますが市外の人間にはわかりづらい場所です。


普通のお店なら中休みの時間帯でしたが店内は半分ほど埋まってます。
女性の一人客が数名います。店員も女性のみなので来やすい雰囲気なんでしょうね。

ちょっと素敵なホールの方に注文を告げます。
いいなあここ。

IMG_2860.jpg

写真はパイタン塩らーめん700円。

スープをずずっと一口「昆布?」

北海道の物産展や道の駅とかで売られている粉末の昆布ご存知ですか?あれの味がすっごいします。

いわゆるグルタミン酸とかいう成分なのでしょうか。鶏なのか豚なのかはわかりませんが白濁した動物系のスープと相まって旨味の塊のような味です。
こってりという言葉の意味に含まれる油膜や濃度とは違う、高密度のスープです。
これちょっと人によってはクドいと感じる人も居るかも。

前回のこちらの記事でも書きましたが、材料をたっぷり使って作ってる印象ですね。

そこに押しの強い味付け、うーん、けっこう攻撃的ですね。
塩ラーメンという物の一般的な解釈を覆すのではないでしょうか。
「女性店主ならではのやさしい味」とかではなく、職人の念のような物がこもってる感じ。

麺はぷよっとした結構普通な札幌麺です。そしてこれが意外に合うというか。
重めのスープに対してのこちらでバランスを取っているというか、馴染みやすい食べやすさでほんわかさせてくれる感じです。
これでギシギシの食感の麺とか入ってたらより攻撃的な味になって一部のマニアにしか受けない味になってたかもしれません。
何となく自分の中で白湯=細めのストレート麺という公式が出来てたような気がしてたのでこれはちょっとした発見です。

具材で特徴的なのがアバラ肉を煮込んだチャーシュー。軟骨の食感がちょっと贅沢な気分にさせてくれます。


こちら恵庭という札幌近郊にありながら札幌ラーメン以外のバックボーンを随所に感じさせるお店で、それはジャズやクラシックなどの要素を取り込んで耳障りのいいポップチューンを作り上げる系のミュージシャンに通じるところがあるというか、いろいろ楽しみながら満足させてくれる一杯だと思います。


場所柄なかなか行く機会はないお店ですが札幌圏の方にもぜひちょっと足を伸ばして食べてもらいたいお店ですね。

味の大王 生粋

Category : ラーメン |

やはり生活時間帯によって食べに行くラーメン屋も変わってきますよね。

夜勤なんかやってた時はやはり山岡家とか頻繁に食べてましたし、残業が多い最近は20時くらいでも開いてるお店が多いです。
かなり条件が絞られてくるので今まで優先順位が低かったお店に行く機会が増え、その中で色んな発見がありますね。

そんなわけで最近はこちらを選ぶ機会が増えました。今までほとんど食べた事が無かったのでいろいろ試したいという欲もちょっとあります。

入店と同時にガタイのいいホールのお兄さんがドタドタと近づいてきて「食券を先にお買い求めください」との説明。
食券を買って座る前に渡そうとするとガタイのいいお兄さんなぜか腰を引いて手を伸ばして後ずさりしながら私の食券を受け取ります。まるで爆発物でも受け取るかのような物腰です。
もうちょっと慣れましょうね。

そしてそんなドタドタなお兄さんを見て厨房の方が私の目の前でため息ついたり軽くキレながら作られた負の連鎖の象徴のようなラーメンが運ばれて来ます。何だかね。


IMG_2863.jpg

写真は醤油カレーラーメン。値段は忘れました。

「元祖カレーラーメン」より黒っぽくて、醤油ダレが加わっているのだろうな、と思わせます。

スープをずずっと一口

「あーーーー!」


最近すっと固有名詞が出て来ない系中年男性ですが今回はわりとすぐに降りてきました。


「これ、カップヌードルカレー味!」


普段何気に食べてるカレーヌードルの構造がここで明らかになるとは。
そうか、醤油の普通のカップヌードルにカレーを足したらあの味になるんですね。
頭の上の電球がピコーンと点灯した気分で先ほどの負の連鎖の事などどこかに消え去ってしまうような高揚感に包まれます。

どういう経緯から生み出されたのかはなんとなく想像出来ますがこの味になるとは作り出す段階では当事者でも予想出来なかったのではないでしょうか。

前回食べた「元祖」よりカレー度は低めで、ラーメン寄りの味わいです。
そしてこちらの方が思い浮かべるカレーラーメン像に近いというか、麺を食べさせるスープとして優秀かと思います。
これは好きですね。おすすめです。

まあしかし素直に美味しいと納得出来るのはやはり私のカレーラーメンの根底がカレーヌードルだからなのでしょう。

「売れているのが良いもんなら、世界一うまいラーメンはカップヌードルになっちゃうよ(甲本ヒロト)」
たまにはそれでもいいんじゃないかな、と思える一杯でした。

らーめん 極

Category : ラーメン |

仕事が忙しくて書くネタばかりが溜まって行く今年の夏でした。
前回の「味の大王」記事とかちょっと投げやりです。

まだ忙しいのですがとりあえずあまり悩まずにトントン書いた方が良いのでしょうね。

もう提供されていないかもしれませんがずいぶん前に「極」の創作メニューを食べてきました。

混雑が予想される日曜日は1名も2名も3名も埋まるまではカウンターに案内されます。
給水機の横に座ったらコップに注がれる水が撥ねて首にかかるしゃっこいサービスが味わえます。

IMG_2752.jpg

写真は夏限定のアイスラーメン。値段は忘れました。

アイスラーメンというありそうでなかなか無いネーミングセンスと紅ショウガの盛りつけ位置に微妙に違和感を感じる私です。

ベースは白濁した鶏豚スープのようですね。冷たいラーメンにこれを使って来るとはなかなか挑戦的。


スープをずずっと一口「ぬるい」


けっこう致命的にぬるいです。
おそらくあらかじめ凍らせたスープを解凍してあると思われ、丼の中にはまだ凍ったスープの塊がありました。
温かいスープを冷やすより合理的ではあると思うのですが、短時間で解凍するために鍋かレンジで温めてるせいか、冷えてないスープの状態で提供されます。

もちろん氷の部分を残して冷たさを維持するためにこういう状態で出て来るのもわかるんですがこれはちょっと中途半端。

そして味はかなりしょっぱいです。これは意図的なものではなく、氷の部分が溶けきっていないのが原因でしょう。

昔遠足とかでポカリスエットとか凍らせて持って行った経験がある方ならおわかりかと思いますが、あれって溶けはじめの時に飲むと味が濃くて甘くて美味いんですが、溶けきる前にそれを飲んでしまうと後半味がだんだんしなくなってしまいますよね。
こちらのスープも同じで、本来の味付けは全て溶けきった状態がベストなのではないでしょうか。

そして麺は海草をを練り込んだ平打ちっぽい麺です。

こちらは・・・固い。

普通の茹で時間で茹で上げて水で締めてるのでしょうか。なんかものすごい無機質な物体を食ってる印象です。
もうちょっと柔めに茹でて締めた方が好みかなあ。


おそらく試作段階では相当完成度の高い一品だったので登場したのでしょうけど多才なメニューをいくつも常備していつも混雑してる繁盛店では工程的に無理のある一品のような気がします。


でもこういうチャレンジをいつも繰り返す姿勢がとても好きですね。
注文する楽しさをいつも提供してくれる市内では貴重なお店だと思います。

味の大王 生粋

Category : ラーメン |

このところ忙しくて久々の更新になります。

今回は札幌にも進出している有名店です。
カレーラーメンの元祖を謳っているお店の一つでもあります。

前回の記事から食べ歩きブログなどをよく読んでらっしゃる読者の方なら9割がた「ああ、次はここだろうねえ」と思われるようなベタ展開で行きます。

というかここも残業して帰る時間でも開いてるお店なので職場の繁忙期にはピッタリなのです。

苫小牧バイパス沿いという好立地ながら数年前まで「魔のテナント」と呼ばれ一部のマニアに恐れられ(あ、いやむしろ喜ばれ)ていた入れ替わりの激しい店舗にやってきた苫小牧最終兵器店舗「味の大王」の支店です。
三国志でいえば間違い無く呉でしょう。

ここは単なる支店と違い、本店と異なるコンセプトのレシピやメニューをリリースして行くのが基本方針だそうで、季節ごとの創作メニューも豊富です。

以前開業したお店が残していったと思われる券売機で食券を購入して待ちます。
変わったメニューの多い店で券売機ってなんかちょっと急かされてる気がして苦手です。
座って水飲みながらメニュー見て券売機で食券買うという流れが出来て欲しいとわりとしょっちゅう思います。

IMG_2671.jpg

写真は元祖カレーラーメン680円

カウンターにはゆで卵が置いてあり、食べ放題です。
そこまで腹減ってないよーとか思いながらもパリパリ殻を剥く私は生粋の卵好き。


レンゲでスープを一口「しょっぱいカレー」

前回の「羅阿麺館」の味噌カレーよりカレー度は高いです。
というかほとんど家庭で食べられるカレーに近い。
固形カレールー溶かしたような味でもありますがHPを見るとこちらは独自にカレーベースを作っているようなのでここは大きなこだわりのカレー味なのでしょう。

私が経験した事のある食品では「カレーうどん」が最も近いのですが和風ベースのカレーうどんに比べてこちらはもっとカレー粘度が高く、それでもって地はけっこうなラーメンスープ。
すごーくよーく味わうとスープの旨味を感じることが出来ます。

しかしこちらもけっこうなしょっぱさですね。残業で疲弊した身体でもそう感じます。
麺に絡み過ぎなのでしょうか。
前回の「羅阿麺館」のコメント欄で発覚した「カレー味にしたからってベースの味の押し引きまではしない」というあまり知りたくなかった豪快な工程がここでも用いられているのでしょうか。

粘度の調整も含めて割りスープとか貰えたら個人的には嬉しい。

あまり合ってるとは思えない麺やモヤシやワカメの具材が違和感と個性の狭間を行き来するような味わいですが、やはりカレーの一点突破力は凄まじく、歪んだディストーションギターのように全てを塗りかえて行きます。

あまり音楽に詳しくない人でもギターがギャギャギャーンと鳴っていれば「あ、これロックなのかな」と思わせる事が出来るくらいの共通認識をカレーという食べ物は持ち合わせていると言えます。


味が絡み合って発生する化学反応のようなものはあまり感じませんが、こういうシンプルな豪快さが地元民の心に根付く力なのかもしれません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。