スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺や 虎鉄

Category : 未分類 |

遅くまで営業してるので残業あがりの時などによく行くお店です。


苫小牧は20時過ぎると行けるお店がかなり限られてしまいまして、ラーメンの候補ですと21時までの赤門かこちらになってしまいます。
大好きな六文銭も21時までの筈なんですが実際20時過ぎると開いてない事が多く、帰り道の都合上こちらに流れることもしばしば。

「ちゃんと開いている」という安心感は大きな魅力ですよね。労働で疲れた身体には特に。


券売機で食券を買い店員さんに渡します。
IMG_2047.jpg

写真は塩ラーメン唐揚げセット小ライス850円

ライスは小と中が選べます
単品だとラーメンが750円で、ライスが100円です。
これに100gの唐揚げがついて850円というのはこっちを不安にさせるレベルのお得さではないでしょうか。

あと毎回もらえるクーポンでチャーシュー追加しました。
ネギとメンマも増量できますが今回は普通で。

しかしまあすごい量です。
私のような労働者階級には揚げた肉が転がってるだけで急激にありがたくなるのです。
すっげー正直に言うと野菜マシマシとか霞んで見えます。

唐揚げは竜田揚げのような衣で若干スパイシーですが塩味は控えめです。
油淋鶏のような甘口とタバスコのような辛口の2種類のソースがついてきます。
まあおかずとしては何ら遜色ないレベルの唐揚げです。
ちなみに50円追加で唐揚げは2枚、100円追加で3枚になります。なんかもう親の仇みたいな価格設定ですね。

スープは塩味の白湯です。
説明通りに行けば豚骨と魚介でしょうか。
ほのかに効いたニンニクがなかなか良いです。
ラーメンにはあまり合わないと思っているワカメもこのスープに混ざると意外なほど風味が良い。

塩は以前にも食べた事があったのですがその時よりも断然調和がとれた味になってます。
ニンニクなんかは作る人によってかなり違いが出そうですからね。

麺はちょっとボソボソした自家製麺。
多店舗展開するお店にとって自家製はコストなどの面でも大きな意味があるのでしょうね。
でもちょっとこのスープには浮いてる印象があります。
こういうの好きな筈なんですけどね。
この違和感はどこから来るのだろう、札幌圏の血筋か?とも思いましたがこれに札幌麺が入ってたらやっぱりあれこれ言うと思うんですよね。

色々考えながら食べましたが頭上の疑問符は消えないままでした。



量や営業時間など利点ばかり挙げましたが実際ラーメンのおいしさもかなりのもので、私的には全面支持の姿勢なのですが、この時間帯だけで言えばイマイチ客入りが寂しいのも事実です。

これだけの大バコを維持する体力が店舗単体で賄えてるのかは疑問ですが、無くなって欲しくないと願う人間に出来る事は足繁く通う事だけです。


ファンを名乗るだけじゃファンではいられないのが現実なのです。

ラーメン木曜日

Category : ラーメン |

正月は札幌で過ごしていました。
色々食べ歩いたのですがぼちぼちアップしていくと思います。


2度目の訪問です。

以前より美味しくなったという情報が飛び交うので外せないお店でした。
隣のパーキング駐車に四苦八苦してたら店前の駐車場が空きました。新年早々運がいいですね。

IMG_2040.jpg


写真は煮干しラーメン醤油500円。
追い煮干しとか、柚子のサービスなどもあって色々試したくなりますね。


スープをずずっと一口「うーん、、、」


品名に「煮干し」とついているからある程度は予測の内でしたがこれはちょっと生臭いです。
どういう製法で調理してるかわかりませんが悪い出方してると思います。

基本の醤油ラーメンの煮干しは裏方的な役割でとても好きでしたが、これはとってつけたような追加感がなんかイマイチです。

北海道は魚介の生臭さに耐性が無い人が多いと思います。
青森と札幌で数軒煮干しラーメンを食べ歩いた程度の私の経験値ではちょっと厳しい。
どうやらかなりマニアックなメニューを頼んでしまったようです。


元々シンプルで美味しいラーメンをワンコインで食べられるというのがこちらのウリなので基本の味に慣れてしまった人にはこういうパンチ系が受けるのでしょう。


そもそも制作側と客の欲求が一致したまま続く事が無いのは音楽の世界でもありまして
「ちょっとこういうサウンド流行ってるから取り入れてみたいな」とか
「アレンジャーやプロデューサーを入れて自分はプレイヤーに徹したい」
なんて理由で作ったアルバムは作った側には大きな意味があったとしても聴く側は「昔の方がよかった」なんて言われたりすることもしばしば。

でもそれが無いと前に進むのが困難だったりするわけです。


きっと今は色々な意見に耳を傾けて試行錯誤しながら前に進んでる最中なのでしょう。
そういう意味で「また食べたいな」と思わせるお店でした。

えび坊主 ときわ店

Category : ラーメン |

遅ればせながら新年あけましておめでとうございます。

今年もぼちぼちやっていこうと思います。


さてこちら、昨年突然閉店した「頂(てっぺん)」の跡地に先日オープンしました。

市内に2店舗をかまえる「鶏恵」の姉妹店的な扱いのようで、駅前にすでに本店があります。
1年で4店舗という、異例のハイペースでの出店。苫小牧のラーメンシーンのちょっとしたトピックになりそうですね。

オープン日の夕方に来店しましたが駐車場は満杯寸前。
店外の張り紙には「リニューアルオープン」の文字。
ん?「頂」がリニューアルしてこちらになったという事なんでしょうかね?
何か繋がりでもあるのでしょうか。

入り口には券売機と贈られた花が並んでます。
「頂」を経営してた「プロスバーグループ」の花束も。店舗でも貸してるのでしょうかね。


オープン日ということもあって店内は初々しい接客のホール4人総出勤っぽい体制です。
食券を渡してしばし待ちます。混んでます。

待ってる間にスープ切れになったようです。すごいですね。

ぼんやり厨房などを眺めながら待ちます。
系列店で見覚えのある坊主頭の方が調理してます。いや、違うかも。
何しろこの系列坊主頭ばかりで見分けがつかない。
グループとしての「気合い」を体現してるのでしょうかね。

厨房内は和気あいあいとしてます。ていうかゲラゲラ笑ってます。

調理場の仕事にあれこれ言うのもなんですが、腹空かして待ってる客のそばでゲラゲラ笑いながら調理するのは結構気に障りますね。
何しろこっちは腹減って若干気が立ってますからね。

まあ怒鳴り声とか響くより良いかな、と思い直して待つ事30分。

IMG_2050.jpg


写真はえび醤油ラーメン、オープン価格でオール600円でした。
名前の通りエビがウリのラーメンのようです。
チャーシューの上にエビの粉末、他に小エビを揚げたっぽい具材も乗っています。

ちなみに「鶏恵」で出している鶏塩、鶏醤油といったラーメンも提供しています。
ベースになっている物は一緒のようですね。


スープをずずっと一口「けっこういい」

しょっぱすぎず、甘すぎず、脂っこすぎず、エビすぎず。
それぞれの効き方が軽く、いい感じに調和してます。
もっとインパクト重視な物が出てくると思ってました、
こんだけイケイケなイメージの店内でこれが出てくるとちょっと意外でいいですね。

エビ粉は不要な気もしますね。まあすでに調理段階で同じような物が入ってるとは思いますが。
最近超人気店の影響かチャーシューや海苔の上に除去困難な粉末が乗ってる店が多いですが、こういうのは卓上の調味料で増減出来た方が嬉しいかも。

麺は白めの緩い縮れの中細麺。苫小牧っぽいといえば苫小牧っぽい麺です。
「鶏恵」はブリブリの札幌麺だったような気がしますが、これも選択肢としては良い線行ってます。

チャーシューはぺろんぺろんで食感の抜けたタイプ。好きではないですね。味玉は普通に美味しいです。


札幌では「えびそば一幻」のブレイクもあり、その勢いに乗った感もあるえびラーメン。
市内に数店舗を構えるお店ですから自信のような物も伝わってきますし、実際かなり美味しいです。
「鶏恵」よりも隙のない味に仕上がっていると思います。

ただ店内の雰囲気というか、仕事が見える場所であの空気感はどうかなあ。
味の好みは千差万別ですが、客が感じる空気感はみんな大体一緒でしょうからね。
美味しい物を美味しく食べさせる店に行きたいと私は考えます。


今後の更なる飛躍を期待しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。