スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺王

Category : ラーメン |

苫小牧から鵡川を超え、門別競馬場を超えた日高富川のお店です。

この日は静内までドライブして帰りに鵡川の「秀来」で食べる予定でしたがお店を通った時になんかピピンと来て新規開拓してしまいました。

「日高昆布ラーメン」という看板が気になってしまったのです。

店内はカウンターとテーブルと小上がりがあります。
家族連れが「のど自慢」を見てあれこれ言ってます。
どのお客さんも近所の顔なじみっぽい雰囲気で、私のような怪しげなラーメンマニアはさぞかし異質に映ったでしょう。

注文して「美味しんぼ」を数ページ読んだだけで出て来ました。早い!

IMG_1836.jpg

写真は醤油ラーメン650円
「昔風」と悩みましたが最初は基本っぽいメニューで様子見です。

「うわあ・・・しまった・・・普通・・・」

期待しすぎました。
完全な札幌ラーメンのビジュアルです。臭いもニンニクの香り。

まあこういう事もあるさと自分を慰め&戒めながらスープをずずっと一口

「あれ?うまい?」

ニンニクの臭いの奥から旨味が舌にじわーっと広がります。

これが日高昆布の実力?ていうかこんな全面に出るくらい使ってるの?

化学調味料かとも思いましたがそこまで攻撃的でないというか、まあ実際区別なんてつかないんですけど。
何というか、好きとか嫌いとか超越した条件反射的な旨さというか。
素のスープに塩入れて味見とかしてみたいくらいレンゲが何度も口へ運ばれます。

こうなると強めのニンニク臭もインパクトとか心地よい刺激に感じられるという都合の良い思考回路が展開されます。

それでもやっぱりモヤシと黄色い札幌麺は違和感ありますね。


ちょっと強面の店主がこれを目指して作ったのか、それとも環境の制限でやむなくこの麺とモヤシを導入したのか気になります。
これだけのスープを作るのなら単なる「地元食材で特色出してみました」程度の動機でこれを作るとは思えないのです。

「何か苦悩してて欲しい」

ロックリスナーがアーティストに抱くありがちな妄想と同等の疑問を抱かせるこちらのお店
次回はオプション装備が限りなく解除されてると思われる「昔風ラーメン」で店主の苦悩の核心に迫りたいと思います。
スポンサーサイト

ラーメンダイニングぽっぽや

Category : ラーメン |

たしか3年ほど前にオープンしたお店です。

沼ノ端駅の前にあります。

「ダイニング」の名の通り(?)夜は居酒屋メニューも出ます。
こちらも昼時にはサラリーマンらしき背広姿の方々でごった返します。

店内にはちょっといい男風な男性が手慣れた感じで調理、不慣れっぽい女性2人が忙しそうに接客、配膳してます。

ちなみにこの日も昼休みを利用して来たので微妙に時間との戦いです。まあここはラーメンがメインのお店ですからそんなに待つ事も無いでしょう。
サービスの食前のアイスコーヒーを飲みながらTVを観たり携帯いじったり。


20分待たされました。
1回の調理で6.7人分まとめて作ってるらしく、そのロットにちょうど漏れてしまい再び時間との戦いに突入しましたね。

IMG_1818.jpg

写真はしおラーメン
苫小牧では珍しい青ネギが散らされています。
なんというか、いい男風の店主のセンスが光る盛りつけです。
これは期待できますね。

スープをずずっと一口「ぬるい」
ラーメン界のスラッシュメタルこと「おひるですよ」の100メートル圏内でこのような謀反が巻き起こっているとは。
この流れでいけば「ラーメン界のドゥームメタル」という事になるのでしょうかね。

いや、一言で言うとぬるいんですが、正確にはぬるいと言うほど冷たくない。普通のラーメンほど熱くない。
ちょいとクールダウンしてます系の温度です。さすがいい男風の店主。

そしてこの温度が時間の無い私にとって最高のパフォーマンスを発揮しています。
もうじゃんじゃん食えます。駅の立ち食いソバばりの速度で食べ進んでいけます。

表面にあまり脂が浮いてないんですね。ラードを使ってないというのもここのウリだそうです。
白濁したスープは口当たりが良く、ほんのり甘みがあって女性の受けを狙ってるっぽいですね。さすがいい男。

麺はぷりぷりした札幌麺です。普通というか、もっと合う麺はありそうですけどメニューに対応するにはこれが一番汎用性が高いのでしょう。


何というか、狙ってる所と狙ってない所がうまく融合してるというか、作る側にすればとっくに計算ずくなんでしょうけど、非常に上手に作られている一杯だと思います。


あって当然と思われる常習という名のフォーマットを疑問視して不要と思われる部分を排除するやり方は近代の変則編成のバンドにも通ずるところがあります。
それは「余分なものを全て削ぎ落す」という一方的なストイシズムではなく「こんなの無くても大丈夫。これがあれば十分」という観察眼と構想力が成せる技だと思うのです。

足し算だけでも、引き算だけでも成立しない、「感性」という大きなかけ算をあのいい男風の店主は持ち合わせているのでしょう。

伊予製麺

Category : うどん |

わたし「道内にある美味しいお店は車で結構食べ歩いていて大阪でも食べたけどけど四国香川までは行った事ない」程度のうどん好きです。
でも残念なことに地元苫小牧にうどん屋さんはそれほど多くありません。

そんな私にうってつけのお店がオープンしました。
「伊予製麺」という名の讃岐うどんのお店です。
いいですね。こういうパチモノっぽい感性好きですよ。
でもこの名前で結構店舗展開されてるのには驚きですね。

店内は「丸亀製麺」のようなセルフスタイルで、最初に母体となるうどんを注文して商品を受け取ってからから有料トッピングのゾーンで食べたいものを各自ピックアップして会計してその後ネギや揚げ玉など無料のトッピングを施して客席で食事という流れです。

IMG_1741.jpg

写真はぶっかけうどん260円+温玉100円+イカ天100円にネギ、ショウガ、天かすを無料トッピング。

ずずずっといただきます。「うまーい」

もちろんある程度の格差はあるとは思いますが、うどんってちゃんと作ってあればだいたいそれなりにうまいと思うのです。

セルフによる味付けが許される麺類ってそうそう無いですよね。「好きに食べて」っていう開放感は料理というよりジンギスカンとかお好み焼きなどの感覚に近い気がします。

かつて90年代のロックシーンに「THE STONE ROSES」という伝説的バンドがいました。
ロックにダンスミュージックを取り込んだスタイルはイギリス中を席巻し「マンチェスタームーブメント」を巻き起こす程にまで盛り上がりました。

そんな彼らが当時のロックシーンについてのコメントが「90年代の主役はオーディエンスだ」

ステージ上のバンドを崇拝するかのように機嫌を伺いながら盛り上がるのではなく、楽しみ方はそれぞれが自分で作りだす。そんな時代だと彼らは言い放ったのです。

そうです。セルフうどんチェーンの主役は我々客なのです。

ちょっとありがたいイメージで通ってるラーメン店の混み合う時間を避けたり、店主や店員の挙動をいちいち気にしながら時間のかからないメニューを頼んだり、残すと店に悪いからと思い無理して完食したり、店主が麺上げして具材を盛りつけてる最中は食べ終えても会計せずに携帯いじったりするような気遣いは不要なシステムがここにあるのです。

みんな、うどんで好き勝手に盛り上がろうぜ!

でも食べた後のテーブルはちゃんと拭いて下げ膳はちゃんと洗い場な!

おひるですよ

Category : ラーメン |

苫小牧東部、沼ノ端エリアのお店です。

工業団地でもあるこの辺は数年前に人口が急激に増加して「この辺で新規の商売やればウハウハだよね」なんてもっともらしく言う方が結構いらっしゃいますが現実はそう甘くありません。

特に飲食は人口イコール需要とは限らないのが世の常。

私がアイスクリームの移動販売の仕事をしてた時職場のボスに言われたのは「新築の住宅街は回るな。狙いは集合住宅か古い住宅街だ」
一戸建てイコール優雅な生活ではないというのが人生の厳しさなのでしょう。

話が逸れました。

夜は居酒屋な雰囲気のこちら、ランチメニューを揃えてのお昼営業です。
昼時とあってワイシャツ姿のお客がほとんどです。
私も会社の昼休みを利用して来てみました。

個人的に1時間という限られた時間を外食に費やすのはちょっとした贅沢です。
いや、贅沢というか、時間内に戻らなければいけないので外食はかなりのリスクを負うミッションであります。

12:20頃に注文して待たされる事20分
手際は悪くないのですが、定食系の調理にてこずっている模様です。
うーん、私13:00には車で5分の職場に戻らねばならないのです。

IMG_1710.jpg

まあラーメンなら10分あれば余裕かと思い醤油ラーメンを注文しました。

スープをずずっと一口

「あっつ!」

ラーメンですからね。ぬるいのはNGですよね。
しかしこれは熱い。焼き印を当てられたかのような、舌から蒸気が昇るかのような熱さです。

しかもこの日は異例の残暑に襲われた9月中旬。汗が噴き出します。
なんかもう休憩時間に極限状態に陥ってます。味もよくわからない。
何となく感じたのはタレは意外と凝ってて札幌ラーメンの醤油ダレではないのかな?という事。

表面の油もさることながら、スープ本体も油に負けないくらいの温度です。ダシとかそういう仕組みを楽しませる要素は皆無ですね。


麺は西山のわりと強そうな麺でしたがさすがにちょっとクタってました。
チャーシューは柔らかく仕上がってて美味しかったです。調理技術は高いですね。

時間に追われながら食べ終えた時のスープの体感温度は出て来た時と同じでした。すごい。
10分以内で食べきって汗だくになりながら灼熱の職場に戻った私もすごい。


温度は香りや味を浮き立たせたりかき消したりする事が可能な極めて重要な要素です。
本来なら慎重に扱うべき項目なのですが、こうも暴力的に熱いとこれは一つの魅力なのかもしれません。

音楽でもよくある事で、CDに収録されてる曲が生演奏になるとテンポが速く演奏されたりする事があります。
この場合曲が描き出す情景は消えますが疾走感や勢いはグンと高まり、肉体的な一体感は高まります。

そういった効果を生み出すべくひたすら速さを追求した音楽ジャンルも多数存在する事を考えるとこちらのラーメンは一つのジャンルを形成してるのではないかと思えるのです。

はじめは小さな芽もやがて花を咲かせ種を落とし広がり一つの勢力として注目を浴びる日が来るのではないかと思えて仕方ありません。

こちらが「ラーメン界のスラッシュ・メタルの祖」と呼ばれる日は近いのです。

JOIN ALIVE 2012

Category : 音楽 |

7月、8月、9月と野外フェスに参加して来ました。

7月は岩見沢で開催された「JOIN ALIVE」
2日間の開催でしたが2日目だけ参加してきました。

ステージは三井グリーンランド内に3つと併設された「キタオン」で行われます。
会場が遊園地内ということもあり、親子連れが乗り物に乗ったりして楽しめるのも大きな特徴です。
設備が全体的にレトロっぽくて(必然的なんですが)子供の頃にかえった気分にもなれます。

出演者もロックフェスというより音楽シーン全般をピックアップして家族で楽しめる感じです。

IMG_1568.jpg

こんな写真載せるとめっちゃ人居ないように見えますが集客はかなりのもの

キタオンを見下ろせる斜面にレジャーシートを敷いて拠点を作ります
IMG_1565.jpg


「ローズステージ」のオープニングアクトは札幌の若いバンド「The Cyanotype」

ポップなロックンロールバンドといった感じでしょうか。ヴォーカルのお兄さんはもっとチバユウスケっぽくなってほしいですね。


続いては「星野源」

「SAKEROCK」のメンバーという認識でしたが最近は俳優でブレイクしたと聞いて少々驚きました。
世間一般では逆の順序で驚いてるらしいですね。
スローテンポで静かですが、ユルいという言葉が似つかわしくない毒素のような演奏でした。


新設されたステージ「ニューワルツ」で札幌で活動中の「爆弾ジョニー」

場数を踏んでるようななかなかの演奏力です。


サーカス小屋をステージにした「ベルベットサーカス」は寂れ方も含めてロックの雰囲気抜群。
昨年はアコースティックセットだった「真心ブラザーズ」もここでは豪華なサポートを迎えたバンド編成。
「空にまいあがれ」「拝啓ジョンレノン」「サマーヌード」名曲連発で素晴らしいステージでした。


ビールを買い足して拠点に戻ると今年最高の客入りであろう「きゃりーぱみゅぱみゅ」がダンサーを引き連れて踊っておりました。

かわいいです。かわいいだけじゃなくてなんかこの人持ってる気がしますね。
最後に歌った曲で何かそういうものが見えた気がしました。


斉藤和義と中村達也という強力なロックミュージシャンが手を組んだ現代版COMPLEXとも言うべき「MANNISH BOYS」

ブルージーなセッションからアナーキーなロックまで2人でガシガシ叩きつけて来ます。
首相官邸前に集まった人々の声を「大きな音だね」と一蹴した総理への怒りをあらわにしたかと思えば熊田曜子のでき婚でしっかり笑いを取る屈指のライブミュージシャン斉藤和義。
中村達也のドラムは本当に表情豊かで、彼が演奏するステージは気がつけばドラムばかり聞いてしまうくらいの吸引力があります。
ヒット曲「やさしくなりたい」もしっかり演奏して終了。
今日も札幌でライブだそうです。今後も続けて欲しいバンドですね。


そして私的ヘッドライナー「THE BIRTHDAY」

奇しくもこの日は盟友アベフトシの命日。
会場内が何かを纏ってるような雰囲気に染まっていきます。
1曲目はまさかのシングルカップリング曲スタートでちょっと肩すかし食らいましたが、全体的にあたたかい演奏というか、会場全体がいつもと違う雰囲気でした。空を見上げながら聞いてる人もちらほら。
私も天国に届いていればいいな、なんてちょっと感傷的な気分で聞いていました。


大トリは「吉井和哉」

2曲目でイエローモンキーのヒット曲をかまして盛り上げるあたりがしっかりしてるというか、意固地にならない姿勢がすっかりベテランなんだなあと感じながらも終電を逃すとマズいのでここで会場を後にしました。


ライジングサンのプロデューサーが独立して立ち上げたJOIN ALIVE。
石狩のまっさらな平野に3日間だけ出現する巨大な祭りとは違い、ロック然とした開放感は少ないですが、遊園地という地の利を活かした家族で楽しめるフェスです。


利点をいくつか挙げると

「トイレがオール水洗」
フェスに行かれない方にはそんなの当たり前に聞こえる話ですがライジングサンはほとんどのトイレが仮設タイプで女性の方などは結構根性がいるようです。

「瓶カン持ち込み自由」
これも素晴らしい。まあ持ち込んだ分じゃ到底足りないので会場でも買いますけどね。ちなみに会場内で1カ所だけ缶ビール300円で買える場所があります。来年もあるといいなあ。

「通路が舗装されている」
砂地を歩くのとではやはり体力の消耗度が段違いです。あと各ステージ間が近いので移動も楽々。


この辺が嬉しい差別化で、フェスに行ったことが無い方でもそれほど一般的なコンサートとのギャップを感じずに楽しめるようになっていて、家族揃って楽しめるような設備や出演者が揃っているのが一番の特色ですね。


日本は数年間にフェスバブルが崩壊して全体的に縮小傾向にあります。
黎明期から日本を代表するフェスを立ち上げたプロデューサーが新たに出現させた空間はファミリーやロック高齢化にも対応できる「ロック遊園地」でした。


来年もこの空間で私は子供のような大人と化して現実というお迎えが来るまで遊び呆けてる事でしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。