スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百の花

Category : ラーメン |

苫小牧の国道沿いにあるお店です。
何でも恵庭から移転してきたそうで。

開店前に某銀行へのレセプションを行うという「何か」を持ち合わせたお店です。

ぱいたん

豊富なメニューに軽く迷いながらも今日はこれを選択。
写真は鶏白湯塩680円。
「地鶏の水炊きのスープ」とか書かれていた気がします。福岡の水炊きの事でしょうか。
苫小牧ではお目にかかれない鶏白湯を出してくるあたり挑戦的な姿勢を感じさせます。

具が結構豪華です。チャーシューの代わりに蒸し鶏が乗ってたりします。
ヘルシーさを強調してるんですね。女性客が喜ぶのかもしれません。

スープをずずっと一口「おお!こうち!」
口当たりが丸く、のど越しがさらりとした恵庭の「こうち」を思い出させるスープです。
いやほんとに似てます。同じ恵庭だから?気のせいですね。

塩分控えめでパンチはありませんがそれはこちらの思惑の内でしょう。

細めの加水率低めの麺も相性が良いように思えます。
他の味でこの麺だったら微妙かもしれないですけどね。

これは完成度高いと思います。この町で、しかもパチンコ屋の隣という立地で受けるかどうかは全くわかりませんが。

こちらのお店、スープだけでも3種類、もしくはそれ以上の物をレギュラーで用意し、さらに限定でメガ盛り系、魚介系まで提供してます。
さまざまな客層を想定してメニューを構成してるのでしょうけど、悪く言えば見境が無いと言えるし、散漫な印象です。
流行や地方の情報を入手できる手段がありながらこちらの道を選ぶというのは何か勝算があってのことなのでしょう。

ただし現代のラーメン屋の在り方としては非常に参考になる見本だと思います。

この町で、この布陣で、こちらの店が勝鬨を上げる様を見てみたいと言う気持ちが心のどこかにあります。

そういう勝算を練り上げてこの町に移転してきたと信じたいのです。
スポンサーサイト

よしず

Category : ラーメン |

今年オープンの新店です。
札幌平岸街道沿いのお店です。
札幌に行くとどうしても食べた事のある好きなお店に行ってしまうのですが、連れがいたので思い切って新規開拓しました。

よしず

写真は醤油こくにごり730円。
ほかにもつけ麺や辛口、激盛りっぽいのもあり、新店と思えないくらいの充実っぷりです。


運ばれてきたどんぶりを手前に寄せます
「あっつい!」
店員さんに熱いと言われてたのでわかってたのですがそれでも熱い。
ドンブリ自体が発熱してんじゃないかと思えるくらい熱いです。
なんでここまでっていうくらい熱かった・・・。

スープをちょいと一口「あぶら・・・」
表面に結構な量の脂が浮いてます。
二口目は下のほうからすくっていただきましたがなかなか美味しい豚骨魚介ですね。

でも塩分というか味付けが足りないかな。
ダシそのものはすごく出ていて追いガツオなどもしているくらいダシには出ているのですが、それをまとめる味付けがしっかりしていないせいで散漫な印象です。
それぞれの味はするけどそれらが一本の軌道に乗らずに脱線しているみたいな。

麺は珍しい細麺。ドンブリの熱にやられてデロデロになるかと心配でしたがそこまででも。
でも細麺に絡む脂の量がちょっと苦手ですね。口馴れないというか、カッペリーニでペペロンチーノ作ったみたいな。

具材も食感は良いですが味付けは控えめ。上品といえば上品です。

音楽に例えると
優秀なプレイヤーを何人も集めても楽曲がイマイチだとマニア意外誰も見向きもしないですが、曲さえ良ければ演奏なんてドヘタでも多くの人の心を掴む。
音楽にしろ食文化にしろそうやって大衆文化は今日まで進化を遂げました。

ここまでの地力があるお店なのに味付けで迷っているのが非常に残念です。
もっと直球をど真ん中に打ち込む思い切りのよさがあれば全てが活きてくると思います。

麺 eiji

Category : ラーメン |

札幌平岸のお店です。
かつては平岸街道沿い(元騰元房、舌通)にありましたが西友の裏手あたりに移転しました。

おしゃれかどうかは良く分かりませんがラーメン屋らしからぬ内装の店内。
LOFTあたりで調達したと思われる備品にも気が行き届いてます。

えいじ

写真はつけ麺BUTO800円。名前がおしゃれですね。
自家製の麺を汁にくぐらせてずずっと一口
「塩!」
もちろん海水みたいな塩味ではありませんが、味覚が「せーのーで」でスタートして最初に脳に来たのが塩味でした。これはちょっと意外です。
続いて来るのが肉というか、動物系の旨味です。これも意外というか、魚介は結構奥に引っ込んだスープです。

どこも個性を出すために魚介を前面に出して逆に没個性になりがちな現在において他のお店とは逆のアプローチで来るところがここらしいというか。

ただそこまで圧倒的は個性ではないんですけどね。
もっと攻撃的な創作を求めてる人には地味に感じるかも。

ただよく味わうと他には無い味付けがちょこちょこ顔を出します。

多彩さがウリのこちらでは敢えてスタンダードな印象にとどまらせているのかもしれませんね。

割りスープは煮干が効いたものがスチールの小瓶で提供されます。ここで普通のスープを出さないで味に変化をつけるところがここらしい小技ですね。

おしゃれにというものに絶対は無く、常に揺れ動いているものです。
ここは時代を打ち抜く一発屋的な面白さや、一つの味を守り抜く頑固さも無いですが日々常に小さなアップデートを繰り返し今の味に辿り着いたのでしょう。

日々何かを感じ取り修正していけるしなやかさと実現可能な技量がここの強みなのでしょう。

味萬

Category : ラーメン |

苫小牧のお店です。
去年開店しました。以前もどこかで営業されてたそうです。

店内は良く言えばゆるいというか、率直に言えばゆるすぎるというか。
入店すると目の前に店主が椅子に座っています。店主に対して45℃ほどの角度にあるTVに夢中になり過ぎて客の私に全く気が付きません。客商売抜きにして、気が付かないとヤバいレベルで気が付いてくれませんでした。


あじまん

写真は塩ラーメン650円。
普段は醤油なんですがこの日は気分を変えてみました。

エッジの効いた美味しさです。
あんなにボンヤリしてた店主からは想像もつきません。
動物と魚介(昆布?)の旨味を効かせて塩味で〆るシンプルな感じですが、苫小牧にはそういう味が少ないせいか、やけに新鮮に感じます。

山岡家 糸井店

Category : ラーメン |

北海道に住む方でこちらの名前を知らない方はいないのでしょうか。

赤、白、黒の基調で描かれた外装は「ラーメン界のホワイト・ストライプス」を彷彿させます。
あくまでも豚骨一本にこだわる姿勢も「アナログにこだわるホワイト・ストライプス」そのまんまでしょう。

やまおか

写真は醤油チャーシュー820円
私はここのトロトロじゃないチャーシュー結構好きでいつも頼んでしまいます。
肉!って感じが良いんです。

スープは昔とそれほど変わんないと思うんですが麺が劇的に変わりましたね。
四角いストレート麺が今は中太縮れ麺です。
茹で時間も短くなりました。
要望の上での変更なら仕方ないですが、昔の麺を知る者としては少し寂しいですね。

豚骨のみを数台の寸胴で数日かけて煮込むスープは札幌市民には衝撃的な味でした。
強烈な豚骨臭は苦手な人に「公害」とか言われたりしてしまう事もしばしばです。いざ食べ始めたらあまり気にならないんですけどね。

表面を覆う油膜も特徴的です。ここまで視覚的に訴えるものがあると逆に安心ですね。

こちら好きな人はこれしか食べなくても大丈夫、嫌いな人は豚骨臭のATフィールドに踏み込む事すら不可能という絶対的価値が生まれやすい個性を持つラーメンです。

90年代半ばに登場して以来、不動の地位を確立し、若干の劣化を見せながらも信者を虜にしてやまないジャンクフードの王様的存在です。

こうやって書いていくとホワイトストライプスより相応しい例えが見つかりました。

ラーメン界の「ガンズ&ローゼス」

ロック聴きはじめの高校生が直面する「想像通りのロック」

まあガンズも聴きやすい曲とか結構あるんですけどね。
そういう範囲内で危険でいられるという所もなんか似ている気がします。

いつまでも安心できる過激さを放つ店であってもらいたいものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。