スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虎鉄 苫小牧店

Category : ラーメン |

こうしてブログを始めて結構な数の店を食べ歩いているのですが、筆不精なせいかなかなか文章に出来る店は少ないものです。
ただ写真を載せるだけでもいいのですが、それだとやはり味気ないですし、やる意味がだんだん無くなっていくような気がするので従来通りぼちぼちやって行く所存であります。

今回は札幌で開業されて今年苫小牧に支店を出した「虎鉄」です。
「てつや」出身で、最初の店舗は「けせらせら」がある場所でした。

こてつ

写真はつけ麺 麺300グラム(800円)
200グラムだと750円なのでちょっと奮発して滅多にやらない大盛りをオーダーしてみました。
クーポンでチャーシューもトッピングしました。ちょっとやりすぎたかな、と軽く怖気づくボリュームです。

それほど濃厚そうでもないのでつけダレをずずっと一口「軽いけどちゃんとしてる」
結構な濃度のダシだと思うのですが、少しだけ引いた味付けがされてる印象です。
基本は甘いんだけど気にならない程度で気負わずに食べられるタレになってます。

魚介も裏手に回っている程度。
しかし魚粉を投下すると激変します。
好みの味に調整して余った魚粉はどうすればいいんでしょうね。捨てるのもアレなんで全投入しましたが。
どうせなら別容器に入れて出して欲しいですね。

あれこれ差し引いても普通に「おいしい」と誰でも言えるような味つけでしょう。

それにひきかえ麺は結構攻撃的で、極太でブリっとした縮れ麺です。
麺をすすり、噛み、飲み込むという楽しさを体感できる麺ですね。
つけダレとの絡みもそこそこで良い感じです。しかし300はちょっと多いですね。やりすぎました。

あと具材ですが、良い感じに統一感が出ています。
丁寧な調理がすばらしい。
口をリセットできるアクセントのようなものは無いですが、そういうのが必要ない程度の味つけなので、あまり不満に感じませんでした。

ただしスープ割りは物足りないですね。ただ薄くしただけにも思えて、残りのつけダレの量をちゃんと見て入れてるのかな?と疑問に思ってしまいます。
まあこの段階で味見は出来ないですから仕方ないのですが、そば湯のように各自で割って楽しめたらお店の株も上がると思うんですけどね。

しかし全体で見れば苫小牧で食べられるつけ麺としては1位か2位かってくらい上位です。
つけ麺を食べた事が無い人でも納得させることが出来る間口の広さがあります。
支店展開してる店にありがちな「裏ぶれ感」や「出来合い感」は無く、安心して食べて満足して帰れる店です。

値段は「頂」
ボリュームは「虎鉄」
つけ麺未体験の方、こちらで第一歩を踏み出してはいかがですか?

蓮海

Category : ラーメン |

札幌のお店です。

私が愛してやまないリサイクルショップ「セカンドストリート」平岸店の向かいのちょっと入った所にあります。
中に入るとお店はまるっきり寿司屋。
夜になると寿司屋として営業されてるそうです。
そしてこちらは「あらとん」で修業された方は調理されてるそうです(ネット情報)
ということは魚屋との繋がりも深く、魚介を駆使したメニューが食べられるという期待が頭をよぎります。

はすみ

写真は醤油つけ麺700円
事前情報だと海苔系のトッピングがあったはずですが今回はありませんでした。
鮪と豚骨のスープだそうです。これはアツい。
鮪のスープなんて過去に小樽で出してたくらいしか記憶にないですから。

つけダレを一口「んー甘いな」
ミリンのような甘さが際立ったそばつゆのようなタレです。かなり甘い。
スープ割りしても甘かったです。

魚介や豚骨はそれらのバックアップに回ってる印象ですね。
麺をつけてすするとそれらの美味しさが口に入ってくる仕掛けです。タレとしての機能は十分ですね。
豚骨ベースと言いながらも、煮込んだ牛スジのような物体が入っていたりして結構雑多な印象です。

鮪は?というと、私は加熱された鮪なんぞそれこそツナ缶くらいしか食べた事が無い一般市民ですから、あまり「おお!これは鮪だね!」という感想は出て来ませんでした。
「ああ、豚骨の上にいるこれがですかね?」くらいの。

縮れた極太麺との相性は非常に良いです。甘くしょっぱく旨味が絡んで、麺を食べさせるタレとしての役割は十分すぎるほどの美味しさです。
しかし「これは!」というフックの部分がちょっと弱いのかもしれません。
事前情報や、店内に入って注文するまでの印象に比べて普通というか。
色んな面白い要素を技術で平坦に押し込めてしまってる気がするんです。

しかしこういう整合感は落ち着いたお店の雰囲気には合っているのかもしれません。
アトラクション的な美味しさを求めてる私のような人間には敷居が高かったのかもしれません。

魚一

Category : ラーメン |

今回は釧路のラーメンです。
霧が凄かったです。苫小牧の比じゃありません。
お目当ての店が定休だったため、移動時間も考え、早朝から営業しているこちらへ。

魚一とかいて「うおっち」と読むそうです。
別に違和感は無いですが、なぜそう読ませたかったのかが非常に気になります。

市場の一角にお店はありますが、全体的に淀んだ雰囲気。落ち着いている、とも言えますでしょうが。
あまり接客にうるさくない私でも「覇気がないなー」と思わせる店主。
まあ朝9時ですから。あんまりソイヤソイヤ言われても困りますよね。

うおっち

写真は醤油ラーメン600円。
自家製の魚醤が売りだそうです。
と思って醤油ラーメンオーダーしたんですがメニュー良く見直したら別に「魚醤ラーメン」がありました。
大失敗です。
客は私一人でしたし替えてもらおうかとも思いましたがなんとなく諦めました。

スープをずずっと一口「あー、意外とラーメンかな」
そばつゆみたいな味を連想してたので、こちらはかなり下地がしっかりしてます。
醤油っぽさや動物臭さは無く、札幌ラーメン好きには物足りないかも。

太麺と細麺を選択できますが、細麺でいただきました。
生活圏ではあまりお目にかかる事の無い細縮れ麺。
細麺好きです。「麺づくり」とか大好きでしたから。

不思議なことにこちらの麺をすすると魚介の他に醤油っぽさや動物臭さを感じる事ができます。
麺に絡んだり、空気に触れたりすると舌が感じる印象が変わるんですね。
魚醤だとどんな風味になるのでしょうか。
ていうか後味に魚醤っぽい味がしたけどこれはただの勘違いなんですかね。

チャーシューは厚みもあって歯ごたえも良く、丁寧な出来で美味しかった。
こういう肉肉したのが好きです。
箸でほぐれるようなのはなんかもったいない。

こちらの一杯で「釧路ラーメン」を満喫できたかというと正直分からないですが、ご当地ラーメン特有の「歴史だけいただきます」的な物足りなさは感じませんでした。
食文化というのは求められる声に応え続けて育つものであり、その繰り返しが歴史を作り、知名度を上げて行くのだと思います。
美味しさを追求しているお店に「ご当地ラーメン」は褒め言葉にならないのです。

先は長い 深い 言葉にならないくらい

Category : 音楽 |

動画が貼れると分かったので調子に乗ってもう一本書きます。

THA BLUE HERB
伝説と言って差し支えないフジロックの一場面。



[広告] VPS



テニスプレイヤーが出演する「ゲータレード」のCMでも彼らのラップがバックに流れています。

基本ロックが好きな私ですがブルーハーブは特別です。
ヤンキーの馴れ合いのような巷に溢れる歌謡ヒップホップとは段違いの熱量。しかしあくまでもクール。

輪になって踊らなくても音楽は人の心を打ち抜けるのです。
何度もこの動画を見て私は何度もそう思います。

ちなみにMCのBOSSは、平岸在住でラーメンもカレーもうるさいそうです。
「YELLOW」のカレーの辛さ(ヒマラヤ山脈の標高順)も彼の命名だそうです。

ここを通じて彼らのファンが一人でも増えたら私は嬉しいです。

三角山五衛門ラーメン

Category : ラーメン |

札幌のお店です。
狸小路8丁目の屋根の無い所にあります。
かつて雑誌の投票ランキングで1位と獲ったりもした話題店です。

ここは同名のうどん屋が経営されてるそうです。
昔狸小路5丁目の1本北側にもそういうお店ありましたよね。
確か「もか」というお店でした。誰か憶えてる方いますかね?

さんかくやま

写真は醤油ラーメン600円。元々は500円でしたよね。

スープをずずっと一口「いい意味でしょっぱい」
土地柄、飲んだ〆などにも良さそうな味です。醤油臭くならずに塩分が引き締めてるキレの良さというか。
スープに鮭を使ってるというのを昔どこかで読んだ気が。たしかに変わった味してます。
「美味しいんだけどこの味なんだろう?」と思わせるところがヒキの良さに繋がってるのでしょう。

麺は自家製との事ですがわりと良く見かける札幌麺です。
地域制を考慮してもイマイチ合わないなーと今回は思いました。10年前はそんな事考えなかったのですが。
もうちょい喉ごしが良い麺だと嬉しいというか、現代でこの組み合わせはちょっと古いと感じました。

具材も札幌ラーメンらしからぬ物が揃っているだけにちょっと勿体ない。

とは言いながらも普通に平らげてしまえるのがここのマジックです。
偏ったラーメン食いの知識や思惑を超えた整合度をここは持ち合わせているのでしょう。

札幌のラーメンとしてはかなり異質ですが、人気店の受け売りのような店よりはるかに清々しく確信的に「札幌のラーメン」を名乗ってるのは間違いないです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。