スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「菜々兵衛」

Category : ラーメン |

札幌白石川下のお店です。
ブログを中心にものすごい盛り上がりを見せてる「注目店」ですね。
開店直後に行ったきり久しぶりの来店です。
結構目立たない所にあります。
ちょうど満席で少し待ってから席に座れました。家族連れが多いみたいですね。
厨房は結構な緊張感。店主が全体を切り盛りしてるようです。

ななべえ

写真は「おすすめ」の「白湯塩」700円。
スープをずずっと一口
「濃厚…かな?」
何とも不思議な味わいです。濃度があるわりに後口は軽いです。
鶏白湯スープとの事ですが、野菜も相当に煮込まれているかも。
味付けは単純で強めです。塩!って感じ。
ダシの旨味を前面に出そうという趣向でしょうか。

麺は細めストレートっぽい麺です。スープが結構強いので結果的にはスープを食べさせるタイプの麺ですね。
厨房を見た所メニューによって数種類使い分けているようです。凄いこだわりを感じます。

そんなこだわりの麺とスープの中での具材です。
濃厚なスープにアクセントを与えてくれるはずの青ネギがイマイチパンチが弱くて薬味としての役割を果たしてない気がするのです。コショウをパラリと振ってちょうど良いパンチが出ました。濃い動物系スープにコショウはアリだと思います。
まあ薬味まで使い分けるのはさすがに無理ですよね。

あと気になったのは醤油で味つけしたメンマ。
なんか具材としては凄い違和感があって、逆の意味でインパクトがありました。単品だったら美味しいのは間違いないです。

基本的には「美味しさ」が前面に出ているラーメンだと思います。
全てにおいて手抜きがない生真面目さが表れています。
そこに不良っぽさというか、遊びごころというか、直感のような工夫があれば、文句ひとつ言わせないラーメンになるのではないか、と古いラーメン好きは嫉妬にも似た無い物ねだりを抱くのです。

だって自分の理想とこだわりだけでこれだけの客が呼べるなんて十分素晴らしい事なのですから。
私にはそれが少しうらやましいのです。
スポンサーサイト

「あらとん」

Category : ラーメン |

いわずとしれた札幌場外市場の有名店です。
ここがTVで紹介されて札幌でのつけ麺の認知度が一気に上がりましたね。
東京有名店「麺屋武蔵」の店長をされてた方のお店です。
とある所で読んだプロの作るラーメンレシピ本にも登場されてました。

市場を意識してか、こちら朝9時から営業しています。
私も気合い入れて9時過ぎには行きましたがほとんど満員でした。みなさんすごいですね。

あらとん

写真はつけ麺700円。あつ盛りとひや盛りが選べますがひや盛りを選びました。

やー写真ひどいですね。バシャバシャ何度も撮るのも迷惑だと思うので一、二回しか撮らないのですが。
もっと気をつけて撮ります。

スープの前に麺の入ったドンブリを触ったら
「熱い!」
ひや盛りが入った器なのに。まさか間違えられた?
恐る恐る麺を触ってみると普通に冷たい麺でした。
食器洗浄機から直行したのでしょうか。一度あつ盛りの麺が入ったのでしょうか。
有名店だけにちょっと気になりました。

気を取り直して麺を掴み、つけダレに入れようと持ち上げましたが、
「ああっ!」
麺が箸をツルツルすり抜けて落ちていきます。何とも気まずい瞬間。

気を取り直して麺をタレにつけてずるり。
「ああ、あらとんだなあ」
焼いた魚介のアラと豚骨スープ。パンチの利いた背脂とニンニク。
簡単にいうとクセだらけのスープです。プラスの要素を積み上げて美味しくまとめた感じ。
嫌いな人は食べてもらわなくて結構、という気概が伝わって来ます。
音楽でいえば初期のレッドホットチリペッパーズのようなミクスチャーロックみたいな。

以前に比べて最近は全体にビターな味が追加された印象です。他店には無い特徴でこれもまた美味しいです。
魚の臭みも結構ありますが、この押しの強さがここ魅力なのでしょう。ダメなひとはとことんダメでしょうね。
魚介のアラは時期、その日ごとに変えてるそうですが、何が入ってるかまでは判別不能です。

これに絡む極太麺がまたスープに負けない主張度合いです。極太のゆるい縮れ。
「麺食った!」という満足感を大いに感じさせてくれます。
クセだらけのスープがこの麺に絡むと不思議にもちょうど良い塩梅です。
不思議というか、そういう風に作ってあるんですよね。つけ麺はこういう食べ物だ、という模範解答のひとつです。

札幌のつけ麺の立役者とも言うべきこちら、支店や限定メニューなど精力的な活動はまだ続きます。
いつまでも王道でありながら、異端の道を切り開く存在であって欲しいと結構本気で思っています。

「マルエス食堂」

Category : ラーメン |

東区のお店です。
ちょっとわかりづらい場所にあって、しかもちょっと入りにくい店構えです。
店内はカウンターのみで、全体的に手作りっぽい内装です。
アナログ盤なども飾ってあってちょっと好きな雰囲気です。

マルエス

写真は白湯醤油。清湯も各種あります。個人店で2種類のスープとは結構な手間ですね。
確か以前は清湯のみでした。
あと「マンスリー」なる変わったメニューも気になります。

スープをずずっと一口「スープだな」

おっとみなさん怒らないでください。
私としてはこういう判別がいくつかあるのです。他には「タレだな」と「ダシだな」という感じです。
こう書くと何となくわかってもらえると思うのですが、「タレ」と「ダシ」の中間が「スープだな」です。

麺との絡みも良く、レンゲでそのまま飲んでもしょっぱくないちょうど良い感じです。
豚骨が大部分でしょうが、鶏など色々入ってる感じ。突出させずに上手にまとめられた「スープ」です。

麺は小林製麺の中縮れ麺。奇抜さや特注感は無いですが、食べ応えのある良心的な麺です。
カッコよく切られたネギなどと絡めて食べます。
他の具材も手間がかかってる印象です。とても素人には探りきれない工夫があるに違いないでしょう。

突出したダシや一発屋的なラーメンも大好きですが、ここはいろいろな技術やこだわりを気にせずとも美味しく食べられる懐の深いラーメンです。

「札幌ラーメンの王道」という言葉を使ってしまうと何とも怠惰な印象が残るのでここでは使いませんが、「えらい手間のかかったうまいラーメンを安く食べさせる『食堂』が24条界隈から外れた北23条東1丁目のちょっと路地裏にあります」と書くだけで何だかムズムズしてしまうのです。

そういう期待を裏切らない間口の広さをここは持っていると思うのです。

「札幌ラーメン三九」

Category : ラーメン |

苫小牧のお店です。早来の方にもありますね。
わりと敬遠というか、「札幌ラーメン」という枕詞のせいでイマイチ惹かれなかったお店です。
「寶龍」みたいなもんだろうと思ってました。

三九

写真は醤油ラーメン。
開店直後なのに満席に近い客入りです。偶然でしょうがほとんどの客が醤油を選択してます。

あれ?札幌ラーメンの店だよね?味噌じゃないの?

そんな疑問を抱きながらスープをずずっと一口「すごーくうまーい!」
はじめて食べたのに、特別な感動もないのに、すごくうまい。
脳に正しく信号を伝える機械のような、もしくは身体の機能を遮断してダウンを奪う格闘家のような正確さ。
そんな美味しさです。
なんなんだろう、これ札幌ラーメン?

モヤシも無く、ニンニクも効いておらず、麺もちょっと細めの縮れ麺です。
想像する札幌ラーメンとはことごとく規格が違います。

「この味どっかで食べた事あるよなー」なんて考えながら食べ進んでいたのですが、後半にコショウをパラリと振ってスープをすすった瞬間、記憶のパズルが一瞬にして完成してしまいました。

「これ、焼きそば弁当の中華スープだ!」

言わずと知れた道産子のDNAのひとつです。美味しく感じて当然なのです。
この味が出せるだけでも私はこの店を断然支持します。

ひょっとして焼きそば弁当中華スープはここの味を真似て作られたのかもしれません。
模倣はオリジナルを超えてしまう事があるし、その結果超えた者はオリジナルを名乗る事もあるし、それらの繰り返しで歴史は塗り変わっていくのでしょう。

そんな余計でどうでもいい事を考えたい方は是非こちらを。もちろんそうでない方も是非。

「カラバトカリー」

Category : カレー |

今回はカレーです。
私カレーも大好きで、外で食べる物はとりあえずラーメンかカレーかで迷います。

ここは南区の奥地にあるお店です。
カレー好きにはもはや有名店でしょう。

カラバト

壁に「これが現地の味」などと書かれている店舗の外装も相当イっちゃってるのですが、写真は料理のみです。ごめんなさい。
写真はセット(サラダ、チャイ付き)の普通盛り700円。
他には中盛り100円増し、大盛り200円増しと単品、ドリンクメニューのみです。
つまりカレーは一種類です。私はまずそこにシビれます。
素人考えだと、ご飯を皿に盛ってカレーをかけて瞬時に出て来ても良さそうな物ですが、そこそこの時間を置いてテーブルに運ばれてきます。追加で調理をしてるのでしょう。

ライスの横には繊維質の赤茶色いカレーが盛られてます。けっこうな油があります。
繊維は煮込んだ鶏肉でしょう。具と思われる物はそれだけです。
口に入れると結構な塩分とカルダモンなどのスパイスが口に広がります。
これはご飯に合う味つけです。しかもルウっぽくするための小麦粉を使ってないから食べやすいです。
スプーンでご飯とカレーを混ぜれば混ぜるほど美味しく食べられます。

それでもちょっとしょぱいかな?最終的にはカレーが少し余りました。
もうちょっと盛りを細かく変えられるメニューがあると嬉しいですね。

付け合わせのサラダも味がもみ込んであって美味しい。
芸能界の料理名人大竹まこと氏も「もんだサラダの方が絶対にうまい」とおっしゃってました。

食後はなかなかセンスの良い雑誌、漫画を読みながらチャイをすすります。この時のチャイはちょっとぬるくてちょっと残念でした。

基本的にはパキスタンの家庭料理的な、そんなに難しくない構成の料理でしょう。

なんて色々書いてみましたが、結局はそんなにめんどくさい事考えずにちょっと怪しい雰囲気の中で異国の美味しい料理を食べる、という楽しみ方が一番なのだと思います。

旅行に行って一番楽しみなのが「現地の味」ですからね。
つまり私にとって料理は旅行を疑似体験するのに最も優れた物なのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。