スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

gopのアナグラ

Category : カレー |

札幌西区山の手のカレー店です。
店主は「スリランカ狂我国」「きたぐに家」で腕を振るってた方です。
ちなみにブルースギタリストでもあります。

カレー屋さんも非常に音楽好きが多いですね。
現役で音楽やってらっしゃる方も大勢います。
スパイスってそういう何かが発動する食物なんですかね。

オシャレというか、土着的というか、友人の部屋的な店内。本と楽器と壁の落書きが妙に落ち着きます。

ごっぷ

写真はチキンしめじ辛さ50番900円にトッピング原始肉170円。
辛さは50番まで無料です。低めにオーダーして物足りない方は追加もできます。
辛さが増せば旨味も増すように出来てるのがここの面白いところ。
是非とも辛さの上限を楽しんで頂きたいです。

食べた瞬間に感じるのは「スパイスの合奏」
鶏と野菜と具材のしめじのスープがスパイスで3D映画ばりに立体的に感じられます。
あらかじめ仕込まれた旨味の重層感ではなく、スパイスで旨味を引き出して美味しく感じる、というカレーの存在意義をキリキリに突き詰めてる味です。

巧妙に調合されたスパイスって脳が変になりますよね。汗鼻水が大量に分泌されたり、変な気持ちよさに包まれたり。

ライスは柔らかめに炊かれています。私はこれがとても好みです。
「カレーのご飯は固め」という固定概念を吹き飛ばしてくれます。

原始肉はまた無駄に手間のかかった一品です。金を稼ぐっていうのはこんなに大変なのかっていう。

何にせよここは激しく好みの分かれるお店です。

店主は非常にフレンドリーな方ですが、出されるカレーはJ(K)-POPみたいな売り込み感や迎合感ゼロです。
それでもここの味にヤラれて足を運ぶ人が私の思ったより沢山います。

あくまで私の主観ですが、ここの味が好きという方は私も含めちょっとアレな方が多い気がします。
閉鎖的というわけでなく、美味しい物にやたら興味がある人が多いようです。

数年前のスープカレー全盛の時代から今は限りなく店舗も淘汰されて新規も非常に少なくなり、「ご当地グルメ」の看板も危うい時代になってきました。

おそらくまともにやれば儲かる商売ではないのでしょう。

レトルトや支店を出して商業的に大成するのも成功のひとつですが、店主自ら「俺が毎日食べたいカレー」を毎日作ってお客が来るというのは何より勝る成功なのではないかと思います。

そんな事が出来てしまうお店がが少しうらやましいのです。
スポンサーサイト

porco

Category : カレー |

札幌在住の時はよく食べに来てたのですが、すっかり足が遠のいてしまったお店です。
21時以降に行きましたが開いてました。23時まで営業されてるそうです。個人店でこれはすごい。

ポップな置物が並ぶ店内。寡黙な店主。そしてなぜかそれぞれ1巻しか置いてない漫画棚。
私はこういうお店でスープカレーを食べたい。

ぽるこ

写真はチキンレッグ980円。
辛さは無料でアップ可。9番にしました。「大丈夫ですか?」と聞かれました。毎回聞かれます。

シナモンとカルダモンが突出した、けっこうクセのあるスパイスです。
八角も結構強いかな。スパイスそのものが太い線となって舌に来ます。
札幌はスパイスがガンっと効いた店が少ないのでこれは嬉しい。

スープは何か変わった味がしますね。トマトっぽさは少なくて、この辛さでもダシが結構効いてます。
なかなか好みの味なんですが、何となくケチャップのような甘さが終始気になってしまい「これがなければなあ・・・」とちょっと惜しい気持ちを最後まで引きずって食べました。
塩分が少なめなのも好みが分かれそうですね。

具材はイモ、にんじん、しめじ、ピーマン、チキン、半熟卵。
揚げてるのはピーマンだけです。それぞれ上手に調理されてます。揚げ物ばかり乗ってると最近はキツイです。
卵はライスに乗せて黄身を絡めていただきました。

ライスは水分少な目の黄色いタイプです。普段から米をあまり食べないので固いご飯がちょっと苦手ですが、卵の黄身が絡むと相性抜群ですね。ここまで半熟の店はなかなか無いのでこれはここだけのお楽しみです。

派手さはないですが、手抜きのない、好きな人を虜にさせるタイプのカレー。
満足ですね。辛さに飢えたらここですね。

数年前スープカレーブームが札幌で巻き起こった最中で開店したこちら。
毎月のように新店がオープンし、半分以上の店が閉店しましたが、決して主流とは言えないスタイルの味で今日まで続いているというのは素晴らしい事です。

丁寧な調理と変わらぬおいしさでいつまでも続けていただきたいものです。
だって好きな物に囲まれて好きなカレーを作り続けてお客さんから喜んでもらえるなんて素晴らしすぎる。
私はそれが少しうらやましいのです。

村上カレー店プルプル

Category : カレー |

初のスープカレー記事です。
ラーメンの次くらいに良く食べるのですが、何度も通ってる店はあらためて書きにくいもんで…。
こちらは老舗ですが初訪問です。

場所が分からなかったというボンヤリ理由で行けずにいました。
実際行ってみたら良く泊まるホテルのすぐ近くというさらなるボンヤリっぷりでした。
地下への階段を降りるとディープなレゲエがうるさくない程度に響き渡ります。

親切な接客で注文を選びます。
注文して10分くらいかかるかと思いきや、5分ちょいで来ました。早い!

ぷるぷる

写真はチキン・ベジタブルの辛さ50番(ランチタイム750円+50円)
辛い物大好きなので最初から結構辛めで頼みます。
ご飯が撮れてないのは御愛嬌。

こんなに辛いスープをずずっとすすると間違いなくむせるので、すいっと一口「来たかも…」
鮮烈な味と香り。ガッと押し寄せるスパイスの波動が脳を支配します。うめえ。

ダシも塩分も控えめ。ラーメン並みに味が濃いスープカレーをいまいち好きになれない私のモロ好みです。
もっと言うなら辛さもそこまで辛くありません。しかし他のスパイスが効果的なのでしょう。
ぱっと味わっただけじゃ分からないくらい配合されてます。
感覚がスパイスによって鋭敏になった気がします。昼休みにこんなん食って大丈夫なんでしょうか?午後から講習もあるというのに!
店内に流れる音楽も猛烈に刺激的です。誤解をおそれずに言うなら食べてて気持ちいいのです。

スプーンが止まらない!感覚の扉が開く!ああっ!

あんまり書くと頭がアレな人だと思われるのでこの辺で。まあ誤解ですよね。書いてて自分でそう思いました。

具は余計な味付けがされていないシンプルな調理です。ゆで卵とボイルされた人参とジャガイモ、煮込まれたチキンレッグ、素揚げされたピーマン。オーソドックスなスープカレーの具材です。
私はこれらを適宜ご飯の上に乗せてご飯と混ぜて食べてます。

私はスープカレーの代表的な食べ方である「ライスをスプーンでスープに浸して食べる」という食べ方がイマイチ食欲をそそらない&満たさないのです。
なのでチキンをライス皿でほぐして混ぜて食べてその前後でスープをすくって飲みます。ライス皿は汚れますがこれが一番美味しい食べ方と私は思ってます。まあ私個人の一方的な信仰ですけどね。

こちらは初期のスープカレー屋の持つ怪しさや、不思議さ、土着っぽさが体験出来るお店です。
味覚以外で感じ取れる美味しさをレゲエと共に体感してはいかがでしょうか。

「カラバトカリー」

Category : カレー |

今回はカレーです。
私カレーも大好きで、外で食べる物はとりあえずラーメンかカレーかで迷います。

ここは南区の奥地にあるお店です。
カレー好きにはもはや有名店でしょう。

カラバト

壁に「これが現地の味」などと書かれている店舗の外装も相当イっちゃってるのですが、写真は料理のみです。ごめんなさい。
写真はセット(サラダ、チャイ付き)の普通盛り700円。
他には中盛り100円増し、大盛り200円増しと単品、ドリンクメニューのみです。
つまりカレーは一種類です。私はまずそこにシビれます。
素人考えだと、ご飯を皿に盛ってカレーをかけて瞬時に出て来ても良さそうな物ですが、そこそこの時間を置いてテーブルに運ばれてきます。追加で調理をしてるのでしょう。

ライスの横には繊維質の赤茶色いカレーが盛られてます。けっこうな油があります。
繊維は煮込んだ鶏肉でしょう。具と思われる物はそれだけです。
口に入れると結構な塩分とカルダモンなどのスパイスが口に広がります。
これはご飯に合う味つけです。しかもルウっぽくするための小麦粉を使ってないから食べやすいです。
スプーンでご飯とカレーを混ぜれば混ぜるほど美味しく食べられます。

それでもちょっとしょぱいかな?最終的にはカレーが少し余りました。
もうちょっと盛りを細かく変えられるメニューがあると嬉しいですね。

付け合わせのサラダも味がもみ込んであって美味しい。
芸能界の料理名人大竹まこと氏も「もんだサラダの方が絶対にうまい」とおっしゃってました。

食後はなかなかセンスの良い雑誌、漫画を読みながらチャイをすすります。この時のチャイはちょっとぬるくてちょっと残念でした。

基本的にはパキスタンの家庭料理的な、そんなに難しくない構成の料理でしょう。

なんて色々書いてみましたが、結局はそんなにめんどくさい事考えずにちょっと怪しい雰囲気の中で異国の美味しい料理を食べる、という楽しみ方が一番なのだと思います。

旅行に行って一番楽しみなのが「現地の味」ですからね。
つまり私にとって料理は旅行を疑似体験するのに最も優れた物なのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。