スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やきとり 鳥市

Category : |

「酒とロックとラーメン」なんてアオリ書いておきながらラーメンばっかりの当ブログですが、実生活で酒は手放せません。
基本は宅飲みですがたまに街中へぶらりと旅立つ事もあります。
一人で入れそうな店を探してブラブラするのですが夜の錦町の活気の無さはちょっと切なくなりますね。
東側の発展で人が流れてこなくなったのは痛いですね。

そんな中でもいいお店は繁盛してます。

今回はこちら。

二条通りに面した白い店舗。錦町周辺で飲んだ事がある方なら知らない人はいないでしょう。
カウンターとテーブル小上がり2階席も完備です。外観の新しさからすると移転か建て直したっぽいですが不明です。

どことなく家庭的で、メニューや店内の表示に独特のユーモアがあってほんわかできます。


お通し。たぶん300円くらいでしょうか。ビールは平日400円。
日本酒も300円以下から飲めます。


煮込みは洋風の味付けで必ず頼む定番です。ガーリックトーストがついてきて最後の一滴まで楽しめます。
サイズも2種類から選べるのがうれしい。


焼き物。それぞれ1本づつ選べるという一人飲み優良店です。
どれも美味しいのですが中でも豚精肉はしっとりした焼き加減で焼き場のオヤジさんの匠を堪能できます。

漬け物やキャベツといったスピードメニューがなかなか出てこなくて焼き物が先にあがる事がたまにありますが、味も値段も申し分なく、なにより一人でちょっと飲んでいけるようなメニューが多いところがいいです。
たいがいの焼き鳥屋は効率も考えて一品2本3本からのオーダーですからね。
こういう手間を惜しまない姿勢にグッと来る中年男性が私です。

1人二千円くらいで楽しめるいいお店です。
これ書いてたら行きたくなって来ました。昼間に書く居酒屋の記事は危険だ!
スポンサーサイト

「喜界島」

Category : |

今回は「R.S.R.」の最後のカテゴリ「酒」です
ラーメンもストックが貯まってるのですが、あまり考えずに書ける題材でいきます。

わりと酒は大好きで、ビール、焼酎、ワイン、日本酒、洋酒、缶チューハイ何でも大好きです。
中でも焼酎は安くて飲み方やツマミを選ばないので良く飲む酒です。

今回は黒糖焼酎の「喜界島」
奄美諸島でのみ製造を許されているちょっと特別な酒です。
主な原料はサトウキビから取れる黒糖。ラムと同じですかね。
値段も安く、飲み始めてかれこれ5、6年の付き合いです。

喜界島

飲み方はロック、水割り、お湯割りどれでもOKです。
ロックだとキレの良さが楽しめますし、水割りは舌の上で甘さが立ちます。お湯割りは香りがほわっと立ちのぼります。
まあけっこうキツい酒なのでもっぱら水かお湯割りです。

コンビニにもある「れんと」や「里の曙」に比べて正直取り扱いも少ないし、口当たりが甘いので(糖分はゼロ)誰にでもお薦めできる酒ではないですが、私はこれがあればとりあえず大丈夫です。

これを書いてる今も飲んでます。そういう日々の付き合いが出来る酒です。

みなさん「これは!」と言える好きなお酒はありますか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。